葵祭の日、寅さんも来ていた河井寛次郎記念館

 GW中、河井寛次郎記念館に始めて行って、岩合光昭さんの「ねこの京都」に登場するえきちゃんと思われる猫に遭遇して、嬉しくなったのであるが、この前の土曜日、BSテレ東の『男はつらいよ 寅次郎あじさいの恋』を見ていたら、あれぇ〜何か見覚えあるなぁというシーンが....。

河井寛次郎記念館(1)



 葵祭で陶芸家の加納作次郎(片岡仁左衛門)と知り合って、作次郎の家に一泊するのであるが、作次郎の自宅としてのロケ先が、河井寛次郎記念館であることに気が付いた。「寅次郎あじさいの恋」の封切りは’82年。高校1年の時。でも、映像を見る限り、今の河井寛次郎記念館とほぼ全く同じ。撮影当時と変わっていないあの場所に、寅さんが来て、自分もその同じ場所に行ったんだと思うと、それだけでなんだかとても感動してしまった。
 
 今日は葵祭の日。今日この日に、寅さんが作次郎の家に行ったんだ。


河井寛次郎記念館(2)






ミノチャゲ猫ランド: 河井寛次郎記念館のえきちゃん

JUGEMテーマ:京都




IKEAの家具をリフォーム(2)

 以前、IKEAのキャビネット(BILLY)を2台縦置きから横置きに改造して、1階と2階に設置した。2階のは、改造時にすぐにダンパーを付けたのであるが、1階に置いた方は、2年以上ダンパーを付けずに使用していた。幅が2メートルもあるカラスの重い扉を、手動で上下に開くのは、非常に危険だと分かってはいたのであるが、1階の方は中に茶器類を沢山入れるため、ダンパーの設置に合わせて結構細かい改造が再度必要になることが分かっていたので.......要するになんだかんだで、改造をサボっておりました。

IKEAの家具を改造(2)−1


 ダンパーの設置に合わせて、支柱になる板の位置をズラしたり、棚板を新たに設置したりで、ようやくほぼ完成。今日は、キャビネットの中に設置する小さな棚板を何枚か、フローリングの床板張りを自分でやった時の端材をカットしたり接合したりして作る。

IKEAの家具を改造(2)−2


 やく20年の月日をかけて、台湾、伊万里、有田、広州に行って、少しずつ揃えてきた茶器たち。特に台湾は何度も行ってその度に。


IKEAの家具を改造(2)−4

IKEAの家具を改造(2)−3



関連記事

  IKEAの家具をリフォーム

  2階の横置きのキャビネット完成 (IKEAのBILLYをリフォーム)




DIY中もついついHasselblad Manualに手がのびて.....


 GW後半は、京町家の狭い家でも使いやすいように家具の改造作業に集中.....
 と、言いたいところですが作業中に

 「アサカメのモノクロ特集、面白かったけど、ILFORD Delta400の特性曲線が出てなかった。CAMERA MAGAZINEのXX号のXXページにあったな。シルバーマックスと比べてみたいな」

 とか

 「あっ、ハッセルブラッド・マニュアルに、503CXのあのアクセサリーの説明載ってるかなぁ......」

 とか、ついついカメラ関係の本に寄り道して、作業が遅れ気味。なんとか明日中に仕上げなければ。


Hasselblad Manual

DIY








KG+ 72 : 時間(とき)のアトラス バービー山口

 Leica M3にお供頂き、Kyoto Graphieのサテライト・イベント、KG+の72、ハービー山口さんの「時間(とき)のアトラス」を観に行った。

Leica Gallery Kyoto 時間(とき)のアトラス バービー山口(1)


 京都への引越しを検討開始した2014年の秋、初めてLeica Store Kyotoに行った。とても立派な京町家の外観。中はとってもモダン。特に2階のLeica Gallery Kyotoはとても落ち着く空間。写真の展示を拝見したり、スナップ撮影の帰りに寄って、テーブルに写真集を広げて観たりと、結構お邪魔している(こちらでLeicaを購入したわけでもないのにスンマセン)。

 場所は、花見小路。GWだから外は人でいっぱい。でも、ここはまるで外の喧騒が嘘のような別世界。ハービー山口さんの作品を一つ一つ眺めていたら、あっという間に一時間以上が経過。なんとも贅沢なひと時。プリントがどれもこれも美しくて、ずっと癒され続けたいという気持ちになってしまう。

Leica Gallery Kyoto 時間(とき)のアトラス バービー山口(2)


 とりわけ見入ってしまったのは、「ジグザグ・デモ」(東京・外苑前)と「革命前夜のヴァーツラフ広場」(プラハ1989)。その時代のその場所の臨場感を伝える写真の価値を感じた2枚。

 「ジグザグ・デモ」(東京・外苑前)は、「良い写真とは?」で拝見していた。「革命前夜のヴァーツラフ広場」は、「and STILLNESS」で拝見していた。その2枚をセットで生のプリントで拝見できたのが嬉しかった。


 ↓以前、LeicaM3で撮ったLeica Store Kyoto。


           Camera: Leica M3
           Lens: Summilux 50mm f1.4 pre-asph (2nd ver.)
           Film: ILFORD Delta 400 Professional
Leica Gallery Kyoto 時間(とき)のアトラス バービー山口(3)







JUGEMテーマ:LEICAで撮った写真




KG+ 16 : Life is a Circle 堀江 美佳

 今朝の早朝ウォーキングは、いつもとコースを変えて、自宅から北上して京都御所の近くまで行って、帰りは寺町道りへ。そんで寄ったのが、紙司柿本さん。店舗内で、堀江美佳さんの作品が展示されているから。「円」をテーマにした作品。鮮やかな藍色が印象的。自作の雁皮紙と太陽光によるCyanotype Printだそうだ。藍色となると冷たい印象を想像するが、堀江さんの作品の場合は、そこに温もりを感じる.......癒される。


堀江美佳 Life is a Circle



 帰りは、お隣の一保堂さんによって、すっかり我が家の定番となったほうじ茶を購入した。


一保堂

一保堂のほうじ茶



JUGEMテーマ:写真展





ブログ内検索



Forms of JAPAN
Michael Kenna



フィルム写真の教科書



categories





増補改訂 新版
山陰旅行
クラフト+食めぐり
[ 江澤 香織 ]



西日本のうつわを
めぐる、手仕事旅行



中判カメラの教科書


魅惑の
ハッセルブラッド図鑑
【電子書籍】



ライカの魔法
[ 森谷修 ]



赤城写真機診療所
[ 赤城耕一 ]

profile




links



archives

TBP



selected entries

recent comment

  • 帰ってきたGR1V
    SK
  • 長尺フィルムの巻き込み作業初体験
    ミノチャゲ
  • 長尺フィルムの巻き込み作業初体験
    中野真樹
  • アーカイバルプリントウォッシャーをモバイル化
    ミノチャゲ
  • アーカイバルプリントウォッシャーをモバイル化
    西山
  • オオサカ・フィルムフォトウォーク
    ミノチャゲ
  • オオサカ・フィルムフォトウォーク
    西山
  • マツバラ光機
    ミノチャゲ
  • マツバラ光機
    西山
  • Acruさんで、Hasselblad503CXに合わせるストラップ購入
    ミノチャゲ

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM