アサカメで久々の入選

 今年に入って、ブログやサイトの更新がかなり滞っておりますが、好きな写真撮影や自家現像はもちろん継続しております。
 趣味としての写真撮影を始めたころに比べると、仕事がかなり忙しくなってきているので、限られた週末の時間の殆どを銀塩モノクロによる撮影や自家現像に費やしてしまい、ブログやサイトの更新は滞っておりましたが、今日は久々にこうして記事を書いております。
 どんなに仕事が忙しくても、アサヒカメラの月例(ファーストステップ部門)への応募だけは続けています。あまり数多くの写真を自家現像できるほどに多くの時間を使えないので、殆ど毎月、選りすぐりの一枚のみを納得がいくまで色々なパターンで自家現像して応募を続けております。そして先月、久々に入選通知が届きました。

アサヒカメラ9月号入選通期


 これまで2回ファーストステップで入選。最初は、2009年10月号で、EOS40Dで撮ったデジタルの写真で入選。2010年1月号では、EOS7sで撮ったモノクロフィルムの画像をスキャナーで読み込んでJPEGファイル化して、それをPIXUS9000Proでプリントした作品でした。
 今回は、全て銀塩のプロセスで撮影・現像した写真での入選です。使った機材は以下の通りです;

  カメラ: キャノン EOS1v
  レンズ: キャノン EF70−300mm F4.5−5.6 DO IS USM
  フィルム: フジフィルム ネオパン 100 アクロス
  フィルム用現像液: フジフィルム ミクロファイン
  引伸機: FUJI B690 (配光補正フィルターセット装備)
  引伸機用レンズ: フジノンーEX 50mm F2.8
  引伸用現像液: コレクトールE
  イーゼル:LPL DX1417 
  印画紙: フジブロバリグレードWP FM 多階調
  多階調印画紙用フィルター: フジVGフィルターN(4X5セット)



 これまで、自家現像のやり方は、試行錯誤しながら色々試してきて、本当に自分のやり方が正しいのかどうか分からない部分が結構まだあり、毎回現像する写真の仕上がりに100%満足できるということがまだまだないというのが現状です。そんな中で入選できたので、やはり励みになります。
 今回の入選で頂ける賞金は、フォーカススコープ(ピントルーペ)を新規購入するときの足しにしようと思っています。今使っているフォーカススコープは、引伸機をネットオークションで購入した時に、おまけで前のオーナーさんが付けてくれたものだったのですが、非常に古いものであったためか、中は埃だらけだったし、印画紙の上でピントチェックをするときに画面中央部付近しかピントチェックができないタイプのものなので、あまり使い勝手がよいとは言えないです。それなので、PEAK社製の高級仕様品が欲しいとずっと思っておりました。

 いずれにせよ、私にとってカメラと写真は、一生の趣味となっていくと思っております。当面仕事が忙しいので、お風呂場暗室に籠ることができるのは月に一度のペースですし、デジカメ撮影も当分タップリ時間を使って撮影を楽しむという状況ではないですが、焦らずにゆっくりとマイペースで、自分なりに楽しみながら写真表現を研究していこうと思っています。

 しかし......、最近のカメラ量販店における暗室用品の品揃えは、なんだか減る一方。デジカメ全盛のこの時代で銀塩カメラはどんどん隅の方に追いやられているような気がして寂しい限りですが、それでも銀塩写真、フィルムカメラのファンがいなくなるこはあり得ないと思っています。我が家から比較的近いビックカメラの船橋駅前店さんは、都心のヨドカメ新宿東口店(カメラ館)さんほどではないですが、地方の電気店としてはかなり自家現像用の道具や薬品、各種フィルムが比較的よく揃っているので助かっています。このままずっと銀塩関連の販売オーナーはなくさないでいて欲しいので、私も現像液などは出来るだけ船橋駅前店さんで購入しております。欲を言えば、できることならば、非硬膜定着液(中外写真薬品 マイフィクサー)も置いてもらいたいところなのですが、そこまで言うのは贅沢というものでしょうか。



にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ<−−応援ポチお願いします。


JUGEMテーマ:銀塩モノクロ



アサヒカメラのワンステップアップに再び

 昨日、アサヒカメラの9月号を購入。アサヒカメラコンテスト ファーストステップ部門の10月号入選者発表欄に自分の名前が載っていた。残念ながら入選ではなく、ワンステップアップに掲載されることが分かった。

 とても個展をやれるような実力ではないので、自分の作品を発表する機会としてフォトコンに応募しようと思い始めたのが2008年の夏。その年の暮からファーストステップ部門に応募を開始。以来、毎月応募を続けている。ワンステップアップには昨年の6月号にも掲載された。その後、10月号で初入選。さらに今年の1月号で2度目の入選。
 ワンステップアップは、もうちょっとで入選を逃した作品に対して、審査員がアドバイスしてくれるという有り難いコーナーだ。2008年から応募を開始して以来、撮影はすべて独学。今年の2,3月に写真教室でモノクロのフィルム現像と印画紙への焼き方を教えてもらったが、撮影技術を教わったわけでない。
 よって、まだまだ初心者の私にとっては、入選時とワンステップアップ掲載時にもらえる審査員の方のコメントは、数少ない大変貴重なアドバイスとなる。
 先月8月号を購入したら、9月号のファースステップ部門で次点になっていることが分かっていた。今年はもう入選することはないだろうと思っていた。ワンステップアップは、入選したわけではないが、少なくとも自分の作品が誌面に掲載されて、審査員の方からアドバイスをもらえることは非常に嬉しい。
 今回、どのようなアドバイスのコメントがもらえるのか、また非常に楽しみにしている。今から来月のアサヒカメラの発売が待ち遠しいのである。

 今回、ワンステップアップに掲載される作品は、今年のGWの旅行中、台北市内で撮影したものである。作品名は、「夢から見た現実社会」。審査員の方にはたっぷり酷評頂きたい。それが今後の糧になると思うので。
 

GR1V+醇品雅集



 この写真は、最近携行するようになったリコーのGR1Vを、台湾旅行中にEOS40Dで撮影。コンパクトなので、今名古屋の出張先にも持ってきている。モノクロフィルムを入れて、仕事が終わった後や電車移動中などにも気軽に撮影している。今回ワンステップアップに掲載される作品は、EOS40Dで撮影したカラー作品。自家現像したモノクロ作品は、ファーストステップ部門でまだ予選を通過したことがない。いつの日か、自分で現像したモノクロ作品が、まずはワンステップアップに掲載されたらなぁ...と思っている今日この頃であります。



にほんブログ村 写真ブログへ<--応援ポチ、是非お願いします。

JUGEMテーマ:写真日記



アサヒカメラコンテスト、2度目の入選通知

 一昨日、カミさんが買い物の帰りに郵便受けを見たら、入選通知が来ているのを発見。かなり驚いています。今年一年、アサヒカメラの月例(ファーストステップ部門)に毎月欠かさず応募してきました。

 今年はEOS40Dで撮影したデジタルのカラー作品での応募が多かったのですが、来年は、自宅暗室を準備中でもあるので、モノクロ中心で応募しようと思っていた矢先の入選。アサヒカメラの12月号で入選者発表。来年1月の新春号のファーストステップ部門に掲載される予定です。

  今回入選した作品は、以下の機材にて撮影/プリントしました;


    カメラ: キャノン EOS7s
    レンズ: キャノン EF24−70mm F2.8L USM
    フィルム: フジフィルム ネオパンプレスト400
    スキャナー: エプソン GT−F600
    プリンター: キャノン PIXUS Pro9000(染料インク)

 カメラとレンズは、中古品です。スキャナーは、新品で購入しましたが、かなり旧式。趣味として写真を楽しむようになる前から、書類整理などの目的で以前から自宅にあったもので、それにフィルムスキャナー用のホルダーが付属されていることを知り、今年の2,3月からフィルムスキャンに使い始めました。

 モノクロは、階調表現がとても難しいと思っています。ましてや、染料インクのプリンターでは、さらに難しさが倍増すると思っており、上記の機材で作成した作品が入選するとは思っていなかったので、入選通知を見たときには素直に嬉しかったです。

 来年のアサヒカメラコンテスト・ファーストステップ部門の選者は、今年の川合麻紀先生から織作峰子先生にバトンタッチ。いきなり入選作品に選んで頂いた織作先生と編集部の皆さんに感謝しております。
 
 只今、自宅暗室を準備している真っ最中。この週末は、シルバーウィークのパソコンの故障に引き続き、自宅の固定電話が完全に壊れてしまい、急きょ電話を購入したり、出張旅費精算に追われたりと、結局予定していた初の引伸作業はできず終い。

 今度の飛び石連休こそは、自宅暗室でのプリント作業に初挑戦したいです。そんでもって次回のファーステップ部門の応募締め切り分より、フィルム現像から印画紙へのプリントに至るまでの全行程を完全に自宅のお風呂場暗室で行った作品を応募したいのですが.....、間に合うかなぁ。

 今回の入選作品の被写体は、猫君です。自宅で撮影したグレちゃん、クロちゃんではなく、京成線の柴又駅近くで出会ったかなり大きい厳つい感じの猫君でした。いつか、自宅の2匹を撮った作品で、アサカメのコンテストに入選できたらよいのですが、夢まだ半ばという感じです。

我が家のグレちゃん
Camera: Canon EOS40D
Lens: Sigma 50mm F1.4 EX DG HSM
50mm, F1.4, 1/15sec, ISO200, AI SERVO AF




にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村<−−応援クリック、是非お願いします。




JUGEMテーマ:ネコ写真・動画


アサヒカメラコンテスト初入選

  昨年の11月以来、毎月欠かさず応募しているアサヒカメラの月例コンテスト。ファーストステップ部門の7月10日
 締め切り分にて、初入選となりました。入選者には、往復はがきの通知が届くと聞いていましたが、通知が届いたのは7
 月下旬であったかと。誌上で入選者が発表されるのは応募した月の2カ月後の号。私の場合だと2日前に発売になった9
 月号に入選者欄に自分の名前が掲載されたのを確認できたわけですが、入選通知がこんなにも早く届くのだということを
 今回の入選で初めて知った次第。入選作が実際に掲載されるのは、10月号です。10月号掲載分のファーストステップ
 部門で、住所が船橋市になっているのは私だけですから、それで判別できます。このブログには掲載していない作品なの
 でもしよかったら見てやって下さい。

  入選作品に使った機材は、カメラ本体がEOS40DでレンズはEF70−300mm f/4.5−5.6 DO 
 IS USMでした。40Dはすでに50Dが発売されて最新機種ではなくなったし、DOレンズも中古で購入したレン
 ズであります。特に、DOレンズで撮った作品が入選したことが、とても嬉しいです。カメラ雑誌などでのDOレンズの
 評価では、Lレンズ群と比べて高い評価がされているのを見たことないです。実際にこのレンズを使い始めたのは、昨
 年の6月。使ってみて段々分かってくるのが、逆光の中での撮影がかなり難しいレンズだということ。逆光のときには自
 分なりに色々工夫して試行錯誤しながらこのレンズを使った場合の撮り方を研究していた時期もありました(今も継続)。
 では、なぜそんなにややこしいレンズを使い続けるのかと言われれば、それはこのレンズにとってよい撮影条件が揃った
 ときの画質の良さです。このときの色合いが個人的にとても好きです。それだけに、このレンズで撮った作品が入選した
 のは嬉しいです。実際に、入選した作品は逆光気味の中で撮っているので、研究の成果が出たのかもしれないです。

  今後も、他の手持ちのレンズと合わせて、このお気に入りのDOレンズは使い続けたいです。重量は結構あるのです
 が、Lレンズの望遠レンズと比べると圧倒的にコンパクトサイズなので、スナップ撮影にも最適。というわけで、入選
 作品を生み出してくれたことに感謝の気持ちを込めて、先日都電荒川線沿線で撮った写真の中から、8月18日の投稿に
 引き続き、もう一枚お届けします;

都電荒川線
Camera: Canon EOS40D
Lens: EF70-300mm f/4.5-5.6 DO IS USM
300mm, f/8.0, 1/180sec, ISO200, AI SERVO AF
with
Beans bag



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへにほんブログ村<−−この写真を気に入って下さった方、是非応援クリックをお願いします。





アサヒカメラ 2009年 09月号 [雑誌]



 
JUGEMテーマ:写真撮影機材


アサヒカメラに掲載されます。

 アサヒカメラの今月号(6月号)を一昨日購入したのですが、アサヒカメラコンテストの入選者発表のページを見て、とても嬉しくなりました。自分の名前が掲載されていたからです。でも.....、残念ながら入選したわけではないです。
 初心者対象のファーストステップには毎月ワンステップアップ(今月のあと一歩)というページに数点の写真が掲載されます。私の写真が掲載されるのはこのページ。すなわち、こうすればもっとよくなると、審査員の方からアドバイスを頂けるという、初心者にとっては誠に有難いページです。

 実際に掲載されるのは、7月号です。私の場合、いまだかつて写真教室にも通ったこともなく、すべて独学。でもせっかく撮った写真だからと、昨年の暮から、本格的にファーストステップへの応募を開始。どうせ長続きするわけないとカミさんは言っていたが、どんなに忙しくても毎月必ず応募を続けています。アサヒカメラに応募されている皆さんのブログや雑誌に出ているコメントを見ていると、何年も応募し続けて、やっと初めて掲載されたという場合も結構あるようで、独学で撮っている私の場合は、応募してもワンステップアップのページにさえ掲載されることもなく、結局10年、20年応募しつづけても郵送代を無駄に使うだけかもしれないと思っていたところでの掲載。とても嬉しいです。

 2009年のファーストステップの審査を担当されているのは、NHKの趣味悠々やキャノン・フォトサークルの解説でもお馴染みの川合麻紀先生とアサヒカメラの編集部の皆さん。普段、自分の写真の評価をプロの写真家の方にして頂ける機会なんぞあるわけもなくどのようなコメントを頂けるのか非常に楽しみです。昨年の3月にようやく一眼レフを手にした初心者の私ですので、川合麻紀先生には是非とも徹底的に酷評して頂きたい。7月の掲載が非常に待ち遠しいです....。しかし、どんなコメントが頂けるのか想像は尽きないです。
 
 『郵送時に写真が折れ曲がっている。送り方をもっと工夫するように』

  という初歩的なアドバイスかもしれないし

 『思い切ってトリミングすることも考えて』

  というコメントで、構図の大幅手直しの必要性をご指摘下さるかもしれないし

 『ピントが合っていない。こういう被写体の場合は、MFで』

  というコメントかもしれないし

 『WBや露出の補正・調整にもっと気を配りましょう』

  というようなコメントかもしれないし......。
 

 いずれにしても、この先もっともっと写真を楽しみたいという気持ちに変わりはないで、バンバン改善するべき点を指摘して頂きたいと思います。

 アサヒカメラコンテストの入選作品は、どれも皆とても素晴らしい作品ばかり。日本の数あるカメラ雑誌の中でもアサヒカメラコンテストの写真のレベルの高さは、素人目にみてもハッキリとわかります。もしかしたら、掲載はこれが最後というという可能性が高いかもしれませんがアサヒカメラへの投稿は、これからも続けていこうと思います。


 
にほんブログ村 写真ブログ 一眼レフカメラへ
にほんブログ村この写真を気に入られた方、是非応援クリックをお願いいたします。







JUGEMテーマ:フィルムカメラ

1

ブログ内検索



フィルム写真の教科書

categories



中判カメラの教科書


魅惑の
ハッセルブラッド図鑑
【電子書籍】



ライカの魔法
[ 森谷修 ]



赤城写真機診療所
[ 赤城耕一 ]

profile




links



archives

TBP



selected entries

recent comment

recent trackback

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM