パリ・マグナム写真展

 今日、京都市文化博物館の特別展「パリ・マグナム写真展」を観てきた。

 過去と現在のマグナム所属の写真家が切り取ったパリを堪能させてもらった。僕にとって非常に印象に残ったのは、ブルーノ・バルベイが撮った五月革命の写真。非常に臨場感があった。

パリ・マグナム写真展






JUGEMテーマ:写真展




セイケトミオさんの写真展(Leica Gallery Kyoto)

 昨日、家具作りの手を休めて、自宅から自転車で花見小路へ向かった。ライカギャラリー京都で開催中のセイケトミオさんの写真展を観るために。

 2005年発刊の隔月誌、カメラマガジン(エイ出版)に掲載されていたセイケトミオさんの暗がりにほんのり灯る感じの光のとらえ方がいいなぁと、こんな風にフィルムで手持ち撮影できたらどんなに楽しいだろうと思っていた。

 だから、昨日はセイケトミオさんの”ホンモノ”の作品を見れて嬉しかった。

 展示フロアでは、LEICA STYLE MAGAZINEの2013 VOL.12が無料配布されていた。巻頭特集でセイケトミオさんのインタビュー記事(美しき光と影をもとめて)が掲載されているためだろう。


セイケトミオ写真展


 ......にしても、Leica Store Kyoto (2Fがライカギャラリー京都)の建物がいい。築100年以上の大きな町家をリノベしたこのお店は、何度訪れても飽きない。

Leica Store Kyoto in Dec 2015


 初めて訪れた時は、自分も同じように京町家をリノベした物件(こんなにデカくないけど)を、本当に引越先として選ぶことになるとは、思っていなかった。


関連記事: Scene Taste - Zurich





JUGEMテーマ:LEICAで撮った写真



キャノンギャラリーSからのDM(特別展の案内)

 今月も、キャノンギャラリーSからダイレクトメールが届いた。日本の写真の歴史における偉人たちのオリジナル・プリントが、これだけ一堂に会するなら、是非観に行きたい。

キャノンフォトコレクション特別展
Camera: Olympus Pen Mini E-PM1
Lens: Cosina Voigtlander NOKTON 35mm F1.2 ASPH VM II
with Mount adaptor: KIPON L/M-M4/3





にほんブログ村 写真ブログへ<--応援ポチ、是非お願いします。



JUGEMテーマ:写真展



額に入れて

 6月の写真展に出した作品を自宅に飾ってみました。
 我が家のグレ・クロの写真もいずれこのようにして、飾ってみたい。なので、最近はよくグレ・クロをモノクロフィルムで撮っております。

額装した作品



          にほんブログ村 写真ブログへ<--応援ポチ、お願いします。


JUGEMテーマ:モノクロ



写真展を終えて

 人生初体験となった今回の写真展。お越し頂いた皆様には感謝感謝です。
 昨年の秋から、ワークショップに参加。座学から撮影会、フィルム現像、引き伸ばし作業、作品作りからマット作成、額装、展示まで、一通りのプロセスを初体験。
 楽しかったです。でも、僕の場合は、他の参加者の皆さんに、謝らねば。年明けから、今までにはないくらいに仕事が忙しくなってしまって、展示会に向けた準備に殆ど参加できませんでした。
 マット作成のための採寸でも、何度も間違えてしまって、結局私のマットは再発注し直し、先生にも大変ご迷惑をおかけしてしまった。
 そういう失敗にたいしても、他の参加者の皆さんは、文句ひとつ言わずやさしく見守ってくれた。有難い限り。

Asakusa
Camera: Leica M3
Lens: Voigtländer NOKTON 35mm F1.2 Aspherical VM II




 職場や家の近くに、銀塩モノクロ写真やフィルムカメラのことを楽しんで語り合える仲間はいない。今回のワークショップ参加で、大事な友を得たように思っている。先生は、嬉しことに、今後も折に触れて暗室を開放してくれるという。楽しみだ。また、展示会のチームメンバーに会える。Regard Vol.2を実現できると信じる。
 ところで先生は、銀塩モノクロファンなら、よく知っているあの方。直接先生のお名前を書くと、グーグルの検索などでご迷惑をおかけしてしまうかもしれないので、前回の記事のDM内の画像の中でご確認ください。先生のワークショップに参加出来たことは、本当にラッキーでした。昨年の秋、駄目もとで応募したら、なんとか滑り込みセーフで参加を許可されたという感じ。このまま自己流で焼き続けていたら、絶対にこういう仕上がりにはならなかっただろうなというくらい、印画紙のこととか、フィルターの使い方とか、とても参考になる話が多かった。

 今回写真展に参加したメンバーは皆先生が大好きだ。人間的魅力に溢れる方で、写真の話でも雑談でも、ずっと話をしていたくなるような、一つ一つの言葉の温もりに触れ続けいたいという気持ちになります。

 僕が今回のワークショップに参加して一番嬉しかったのは、バライタ紙を始めて使ったこと。銀塩モノクロの本物の”クロ”を体験できた。自宅のお風呂場暗室では、今までずっとRCペーパーしか使ったことがなかったけど、これから先もうRCペーパーを使うことはないだろう。バライタ紙でちょっと大変なのは、乾燥とフラットニング。自宅で焼くときには、乾燥にもそれなりの工夫がちょっと必要。フラットニングは、ズボンプレッサーを使ったり、本に挟んだ印画紙を重ねてその上から重しを置いたりして対応している。でも枚数が多い時はフラットニングには
結構時間が掛ってしますが、これからそういう困った状態に陥ったら、先生の暗室開放日に溜まった印画紙を持ち込んで、ドライマウントプレスで一気にフラットニングしてしまえる。


 いずれにしても、僕の銀塩モノクロの楽しみはまだまだ始まったばかり。今回のワークショップの参加で、撮り方、フィルムの現像の仕方、印画紙の選び方、引き伸ばしの焼き込み方などなど、試してみたいことが沢山できた。一生の趣味として、少しずつ色々なことを試してみたいと思うのであります。



にほんブログ村 写真ブログ ライカへ<--応援ポチ、お願いします。



JUGEMテーマ:写真展



写真展に参加しております

 写真展に参加しております。
 人生初体験です。
 昨年の秋から参加している銀塩モノクロのワークショップのグループ展です。
 6月6日までやってます。
 飯田橋、神楽坂方面にお越しの皆さま、是非お立ち寄り下さい。

 





 僕のは、3作品。
 いずれもLeica M3にVoigtländer NOKTON 35mm F1.2 Aspherical VM IIを合わせて撮った作品です。


にほんブログ村 写真ブログ ライカへ<−−応援ポチ、お願いします。


JUGEMテーマ:写真展



1

ブログ内検索



フィルム写真の教科書

categories



中判カメラの教科書


魅惑の
ハッセルブラッド図鑑
【電子書籍】



ライカの魔法
[ 森谷修 ]



赤城写真機診療所
[ 赤城耕一 ]

profile




links



archives

TBP



selected entries

recent comment

recent trackback

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM