立木義浩さんの「風の写心気」

  このまえの週末、半蔵門にあるJCIIフォトサロンに行ってきました。

立木義浩さんの「風の写心気」2

  毎月購読しているアサヒカメラに立木義浩さんの写真展「風の写心気」が紹介されているのを見て、行ってみたくなりました。 
 「風の写心気」は、立木義浩さんが2002年から日本フォトコンテスト誌(現フォトコン誌)に連載されておられるシリーズで
 モノクロ写真3枚と立木義浩さんのコメントで構成されているそうです。

  今回の写真展は、その連載作から70点がピックアップされて展示されておりました。昨年の秋から、週末時間がとれると
 きに、フィルム現像から引伸作業まで自分でやるようになりましたが、実際に自分でやってみると、モノクロは本当に奥が深
 いなぁと思うのであります。すべての作業は独学なので、立木さんのように銀塩モノクロへの気合の入り方が半端ではないプ
 ロの方の作品は、必ず参考になると思った次第です。

立木義浩「風の写心気」1

  
  実際に見に行ってよかったと思っています。たとえば、空を大きく入れた作品では、写真そのものはモノクロなのに、青空の
 爽快感が非常によく表現されてモノクロなのに青い空の色を感じることができたり、いったいどうやったらこんなにシャープに
 現像できるのだろうかとか、岩肌の質感が銀塩写真のなかで臨場感タップリに再現されていたりと、当然のことながら初心者の
 私が自分で現像したトーンや臨場感に比べると、まさに月とスッポンで、自分のレベルの低さを改めて思い知った次第。

  会場には、立木義浩さんが「風の写心気」の作品を撮影するのに使用したカメラも展示されていました。そのカメラの中
 私が使っているのと同じEOS7sも入っていたので、ちょっと嬉しくなってしまいました。


 とにかく今は、色々な写真を自分で現像し続けて、参考になりそうな銀塩モノクロの写真展があるときには、できるだけ足を
 運びたいと思います。


  
にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へにほんブログ村<--応援ポチ、お願いします。


                                              
                                              風の写心気
                                              立木義浩
                                              日本写真企画



JUGEMテーマ:写真展


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

ブログ内検索



Forms of JAPAN
Michael Kenna



フィルム写真の教科書



categories





増補改訂 新版
山陰旅行
クラフト+食めぐり
[ 江澤 香織 ]



西日本のうつわを
めぐる、手仕事旅行



中判カメラの教科書


魅惑の
ハッセルブラッド図鑑
【電子書籍】



ライカの魔法
[ 森谷修 ]



赤城写真機診療所
[ 赤城耕一 ]

profile




links



archives

TBP



selected entries

recent comment

  • 長尺フィルムの巻き込み作業初体験
    ミノチャゲ
  • 長尺フィルムの巻き込み作業初体験
    中野真樹
  • アーカイバルプリントウォッシャーをモバイル化
    ミノチャゲ
  • アーカイバルプリントウォッシャーをモバイル化
    西山
  • オオサカ・フィルムフォトウォーク
    ミノチャゲ
  • オオサカ・フィルムフォトウォーク
    西山
  • マツバラ光機
    ミノチャゲ
  • マツバラ光機
    西山
  • Acruさんで、Hasselblad503CXに合わせるストラップ購入
    ミノチャゲ
  • Lietz Focomat 1C − 受け継ぐということ
    ミノチャゲ

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM