フォトイメージングエキスポ (PIE2008) ーその2

 みなさん、おはようございます。
 さて、今日はこれからPIE2008に再び参ります。
 出発前に、写真を一枚投稿したいと思います。

広田泉さん・矢野直美さん トークショー


 これは、一昨日PIEに行ったときの写真です。
 鉄道写真家として有名な広田泉さんとフォトライターの矢野直美さんのトークショーがレンズメーカーのTAMRONさんのブースで開催されておりました。
 以前雑誌で、広田さんが撮られた夕日に照らし出された列車がカーブを曲がっていくショットを拝見したことがあるのですが、非常に印象的で心に残っています。
 前回の投稿でお伝えした通り、一昨日PIEに行ったときには、ほとんどの時間を田中希美夫さんのレンズ解説のセッション聴講に費やしてしまったので、広田さんのトークショーはチョコッと聞いただけでした。
 広田泉さんのお父さんは、やはり鉄道写真家として有名な広田尚敬さん。「尚敬さんの息子」というふうに見られるのは、きっと嫌なのではないかと勝手に思っておりましたが、どうやらそれは、広田さんに対して、大変失礼な勝手な思い込みであったようです。トークショーの途中で、聴衆の皆さんに向かって、
 「お聞きになりたいことがあったら、是非どうぞ。オヤジのことでもよいですよ」
 と屈託のない笑顔で仰っておられました。広田泉さんにとったら、お父さんは最高の先生であるのと同時に、最高に尊敬している写真家でもあるように思えました。

 広田さんも、田中希美夫さんに負けず劣らず、とても情熱的に語っておられました。広田さんも、やはりカメラ大好き人間だと思いました。

 今日は、ぜひもう一度TAMRONさんのブースに行って、広田さんのお話をじっくり聞いてみようと思います。

 それでは、帰ってきたらまたレポートしますねぇ。


 にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ<--ブログランキング参加中。応援クリック是非お願いします!


 
JUGEMテーマ:写真



フォトイメージングエキスポ (PIE2008)

 今日、フォトイメージングエキスポ(PIE2008)に行きました。行ったといっても、なんだかんだで自宅最寄の船橋駅を出たのが2時過ぎ。実際に東京ビッグサイトの展示ホールに入ったのは3時過ぎ。実質2時間弱しか見られませんでした。
 というわけで、最終日の22日にもう一度行こうと思います。今度は午前中から行くゾ!
 今日は、22日のために、短い時間でサッと下見という感じでありました。一応一通りみて回ろうと思っていたのですが、ニコンのブースで完全に釘付けになってしまいました。
PIE2008


 カメラ雑誌等ですっかりお馴染みの有名写真家、田中希美夫さんが、ニコンのブースでレンズの解説をやっていた。
 私は、EOS40Dを買ったばかりだから、レンズの興味はEFレンズだ。しかし、田中さんの解説は、
 デジタル一眼初心者である私には、とても参考になるポイントが一杯だった。
 「えええッ、プロの写真家の方でもそんな感じでレンズ扱っているの!」
 とか、
 「ううううむぅ、俺って全然レンズのことわかってないなぁ」
 てな感じで、田中さんの解説にどんどん引き込まれていってしまった。
 私のような素人が、田中さんが解説した内容を、このブログで書いてしまっては失礼にあたるので、
 皆さん是非、ニコンのブースに行ってみてください。ニコンのホームページによると、田中さんによるセッションは、
 明日、明後日とも予定されています。
 田中さんの素晴らしいところは、ニコンのブースで解説をしているからとって、決してニコンのすべてを褒めることはしていない点です。
 それを黙って聞いているニコンのスタッフの皆さんもスゴイなと思いつつ、すべて本音でしゃべっている田中さんのトークに集中していました。
 たとえば、
 「うんんんん...、こんなこと言っていいのかわからないけど....、ここだけの話にしておいてよ。
 ニコンさんの昔のレンズはXXXXXXだったけど、今のあのレンズはすごく*****なんだ」
 というような解説の仕方だ。
 同時に、田中さんはセッションに集まった人たちのために、時間ぎりぎり、というより予定の時間がきても、
 ニコンの方の許可をとりながら、しゃべり続けるのだ。これは、デジイチ初心者の私には有難い限りだった。
 しかも、田中さんの額には汗が光っていた。それくらい、一生懸命解説してくれるのだ。
 そんで、田中さんの話は、本題から外れて頻繁に横道に逸れる。
 だから、余計に時間がかかるわけだが、その横道にそれる話が、また初心者には堪らなく魅力的な話が多くて
 非常に勉強になるのだ。
 田中さんの話が終わるころには、今日の展示終了時間になってしまった。

 結局今日のPIEは、田中さんの話を聞くことにほとんどの時間を費やしてしまった。でも、 
 それだけの価値は十二分にあった。 
 ニコン、キャノンに関わらず、レンズの扱い方の基本をもっと勉強しなくてはという気持ちに田中さんが
 させてくれただけでも有難い。

 きっと、新発売予定のカメラやプリンターがズラリと並んでいて、ブースのコンパニオンの皆さんが
 説明するのがメインだろうと思っていたが、想像と全然違っていた。
 初心者の私には、勉強になるセッションが各メーカーさんのブースに
 用意されていることが分かった。
 本当はEOS学園などにも行きたいけど、仕事の都合上なかなか参加できない。
 PIEはプロの写真家の皆さんの解説を聞けるまたとない機会だと知った。
 帰りの船橋に戻る電車の中で、改めて田中さんが熱っぽく語っていた内容を思い出した。思い出すと同時に、田中さんは、
 本当にカメラが好きなんだろうなぁとも思った。本当にカメラが好きだから、もっとみんなにカメラの素晴らしさを
 知ってほしいという情熱に溢れていた。帰りの電車の中では、カメラに惚れている人に、
 悪い人がいる筈ないという思いに満たされていたのであります。
 
 
 
にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ<--ブログランキング参加中。応援クリック是非お願いします!


JUGEMテーマ:カメラ




ブログ内検索



Forms of JAPAN
Michael Kenna



フィルム写真の教科書



categories





増補改訂 新版
山陰旅行
クラフト+食めぐり
[ 江澤 香織 ]



西日本のうつわを
めぐる、手仕事旅行



中判カメラの教科書


魅惑の
ハッセルブラッド図鑑
【電子書籍】



ライカの魔法
[ 森谷修 ]



赤城写真機診療所
[ 赤城耕一 ]

profile




links



archives

TBP



selected entries

recent comment

  • 長尺フィルムの巻き込み作業初体験
    ミノチャゲ
  • 長尺フィルムの巻き込み作業初体験
    中野真樹
  • アーカイバルプリントウォッシャーをモバイル化
    ミノチャゲ
  • アーカイバルプリントウォッシャーをモバイル化
    西山
  • オオサカ・フィルムフォトウォーク
    ミノチャゲ
  • オオサカ・フィルムフォトウォーク
    西山
  • マツバラ光機
    ミノチャゲ
  • マツバラ光機
    西山
  • Acruさんで、Hasselblad503CXに合わせるストラップ購入
    ミノチャゲ
  • Lietz Focomat 1C − 受け継ぐということ
    ミノチャゲ

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM