Bankok : SIAM Square

 昨年11月、タイのバンコクに出張に行ったとき、週末一日フリーに。

 サイアムスクエアというところのカフェで、ふと上を見上げると、大きなスクリーンが天井に....。

152_Delta400_031(700x468).jpgCamera: Leica M3
Lens: Summilux 50mm F1.4 ver.2
Film: ILFORD Delta400 Pro.
Self-Development with Kodak D76
Film Scan: EPSON GT-F600


にほんブログ村 写真ブログ ライカへ<--応援ポチ、是非お願いします。





フィルム一杯詰め込んで

これから、台湾旅行です。

フィルム沢山持って行って、沢山撮ります。



しかし.......今羽田に向かっていますが、飛行機大丈夫かな?



Leica の引伸機、ついに購入

ライカの引伸機、遂に購入しました。

この年末年始、自宅の一室を改造して、暗室にします。新しい引き伸ばし機がやってくるとなると、より一層準備作業に力が入ります。
その作業が終了する頃、今日手付金を払ってきた引伸機が、自宅にやってきます。

Leicaの引伸機に装着するレンズは、フォコター50mm f/4.5
今まで使ってきているFuji B690 + Fuji 50mm f2.8 で引き伸ばしたときと、仕上がりがどう
変わってくるのか、非常に楽しみです。

年明けの一月後半に、引伸機が到着したら、更に詳しくレポートします。

来年の2月から、週末の暗室作業が本格化すると思います。




にほんブログ村 写真ブログ 暗室・現像へ<ーー応援ポチ、是非お願いします。






スイス南部の村で(Leica M3)

これだけ暗いと、一眼レフで三脚なしの撮影は辛いけど、レンジファインダーなら手持ちで結構いけます。


Poschiavo2
Camera: Leica M3
Lens: Summilux 50mm F1.4 2nd ver.
Film: ILFORD Delta 400 Professional
Self-development with Kodak D76





にほんブログ村 写真ブログ ライカへ<--応援ポチ、是非お願いします。



JUGEMテーマ:LEICAで撮った写真


Leica M3と阿蘭陀館へ

 GWの京都旅行中、京都文化博物館に行きました。いつも購読しているアサヒカメラの’13年3月号に京都で開催される写真イベント「京都グラフィー国際写真フェスティバル」をちょっと覗いてみたかったから。

 その帰りによったのが、阿蘭陀館。もとは、銀行の金庫だった場所をカフェに。椅子がなんか豪華絢爛というか重厚感があるというか。でも決して派手派手で嫌味な感じではない。僕とカミさんが訪れたときはまだ午前中で、お店のマスターのお話では、やはり「午後の紅茶」で文字通り午後2,3時がピークらしいです。

阿蘭陀館の椅子
Camera: Leica M3
Lens: Summilux 50mm F1.4 ver.2
Film: ILFORD Delta 400 Professional




にほんブログ村 写真ブログ ライカへ<--応援ポチ、是非お願いします。



JUGEMテーマ:京都



ライカM3と京都へ

 GW中、京都に行ってきました。
 ヨドカメに注文したイルフォードDelta400プロフェショナルの長尺フィルムを出発前日にフィルムローダーでパトローネに巻き、ライカM3に詰めて撮影。

京都右京区にて
Camera: Leica M3
Lens: Summilux 50mm F1.4 ver.2
Film: ILFORD Delta 400 Professional (Bulk film)
Self development with Kodak D76



 GW中で人が多い京都でも、ライカだとコンパクトなので、撮りやすいです。


にほんブログ村 写真ブログ ライカへ<--応援ポチ、是非お願いします。


JUGEMテーマ:LEICAで撮った写真



金沢:東茶屋街にて(Summilux 50mm)

 レンジファインダーで尚且つコンパクトなLeicaM3。ミラーショックの心配もないし、三脚なしの手持ちでも夜間に撮影しやすいのが嬉しい。この時は、購入して間もないSummilux 50mm F1.4 (第二世代)で、絞り解放にして撮影。



東茶屋街
Camera: Leica M3
Lens: Summilux 50mm F1.4 Ver.2
Film: ILFORD Delta400 Professional



にほんブログ村 写真ブログ ライカへ<--応援ポチ、是非お願いします。


JUGEMテーマ:LEICAで撮った写真



Summilux 50mm F1.4 (第2世代)ー ファースト・ショット

 Summilux 50mm F1.4 (第二世代)を購入して、初めて撮影したフィルムを自家現像してみました。Sigma 50mm F1.4 EX DG HSMを購入したときと同様、初ショットは、我が家のグレピに被写体になって貰いました。
 おそらく60年代に製造されたであろうこのズミルックス。現像するまで、どんな写りになっているのかドキドキワクワクでしたが、この写真を見て買ってよかったと思っています。現代の最新レンズだと、ピントの合ったところが、ちょっとパキパキしたイメージになることがありますが、アスフェリカルではないこのレンズの画には硬さがないというか....でもちゃんとピントが出るべきところは出ているというか.....すみません、まだまだ撮影技術がない私には、うまく説明できずです。

Summilux 50mm 初ショット
Camera: Leica M3
Lens: Summilux 50mm F1.4 (2nd Generation)
Film: Kodak T-Max400


 いやしかし、ボケ方もいいなぁと思いました。落ち着いた柔らかさがあるといいましょうか...なんともいいなぁと。
 まだ、引伸機で印画紙に焼く作業は行っていませんが、このフィルムで引き伸ばし作業をやるのもすごく楽しみになってきました。



ミノチャゲ写真日記: 憧れのライカレンズが遂に --- Summilux 50mm F1.4 (第二世代)




にほんブログ村 写真ブログ ライカへ<--応援ポチ、お願いします。


JUGEMテーマ:LEICAで撮った写真


信義路二段からの台北101(Leica M3)

 Summilux50mm F1.4 (第二世代)を購入し、近所でお散歩スナップを開始しておりますが、フィルムの現像作業ができるのは、2月末になりそう。
 この写真は、いままでLeicaM3用のレンズとして唯一持っていたNOKTON 35mmで撮った写真。小籠包で有名な、鼎泰豊(ディンタイフォン)さんの本店は、この写真を撮った信義路二段に面していて、この撮影場所からすぐそばにある。繁華な永康街も、ここから入っていく感じ。

遠くに、台北101が見えます。

信義路二段(鼎泰豊の前)
Camera: Leica M3
Lens: Cosina Voigtlander NOKTON 35mm F1.2 ASPH VM II
Film: Kodak T-MAX 400




にほんブログ村 写真ブログ ライカへ<--応援ポチお願いします。



JUGEMテーマ:LEICAで撮った写真



憧れのライカレンズが遂に --- Summilux 50mm F1.4 (第二世代)

 ずっと憧れていたSummulix 50mm F1.4が、遂に僕の手元にやってきた。一昨年、ライカM3を購入したが、これまでM3に合わせるレンズは、NOKTON 35mmのみ。僕にとっては、これが生まれて初めて手にする正真正銘本物のライカレンズだ。

Summilux50mm-01


 うちの2匹を撮ったり、お散歩スナップしたり、カミさんとの旅先中にスナップしたり、このレンズで撮ったフィルムから印画紙に引き伸ばしたりと、また写真の楽しみが一つ増えたと思っている。

Summilux50mm-3


 今回僕が購入したSummilux 50mmは、いわゆる第二世代。セリアルナンバー(257****)からして1960年代に製造されたレンズと思われ、一昨年購入した僕と同い年のLeicaM3と同様、僕と同世代のレンズ。製造されてから長い年月を経ているし、きっと僕の手元にくるまでの間、数多くのオーナーさんを経由してきてるはず。でも、レンズそのものには傷が全くなく、本当に驚いた。メンテナンスも極めて良好。肉眼では、レンズ内部に塵一つ確認できないほど。この時代のものなら、もっと状態が悪くても全然おかしくない。
 さすがに絞り羽根は、羽根同士が擦れてできたと思われる傷がいくつか付いていますが、写りにはまったく問題がないレベルと判断した。
 黒筒鏡だということも、僕にとっては、また嬉しさ一入。


Summilux50mm-2


 レンズフードは、Summilux 50mm F1.4(第二世代)専用の所謂カブセ式と呼ばれる純正のもの(12586)。今回レンズに付けて頂いたものは、エッジ部に傷が結構あるが、僕が今回手に入れたSummilux 50mmは、コレクションするためのものではなく、実際に使用するものだから、いずれにせよフードは使っているうちに傷が入ってくると思うし、あまり気にはしていない。むしろ、フードに傷が入っている方が、幾多の戦を潜り抜けてきたようで、それはそれで、よいような気がする。
 レンズと一緒に、純正のフードが付いてきただけでも有難いと思っている。ライカファンの皆さんならご存知の通り、昔のライカレンズのアクセサリーは、なかなか手に入らないことが多いので。


Summilux50mm-01


 純正のフィルター(E43 UVa 13206)が手に入ったことも有難かった。このフィルターは、先ほどのSummilux 50mm用カブセ式フードに対応した専用のもので、中古カメラ店の店頭では、あまりお目にかからないし、希少性が高いと思う。


 どうやってこれだけよい状態のレンズが手に入ったかといいますと.....今回は、ライカのこと、写真のこと、現像のことなどなど色々と教わっている森谷修さんからご紹介頂いた某ルートにて手にしました。


ミノチャゲ写真日記: Summilux 50mm F1.4 (第2世代)ー ファースト・ショット

ミノチャゲ猫ランド: ズミルックスで初ショット


にほんブログ村 写真ブログ ライカへ<--応援ポチ、是非お願いします。


JUGEMテーマ:LEICAで撮った写真




ブログ内検索



Forms of JAPAN
Michael Kenna



フィルム写真の教科書



categories





増補改訂 新版
山陰旅行
クラフト+食めぐり
[ 江澤 香織 ]



西日本のうつわを
めぐる、手仕事旅行



中判カメラの教科書


魅惑の
ハッセルブラッド図鑑
【電子書籍】



ライカの魔法
[ 森谷修 ]



赤城写真機診療所
[ 赤城耕一 ]

profile




links



archives

TBP



selected entries

recent comment

  • 長尺フィルムの巻き込み作業初体験
    ミノチャゲ
  • 長尺フィルムの巻き込み作業初体験
    中野真樹
  • アーカイバルプリントウォッシャーをモバイル化
    ミノチャゲ
  • アーカイバルプリントウォッシャーをモバイル化
    西山
  • オオサカ・フィルムフォトウォーク
    ミノチャゲ
  • オオサカ・フィルムフォトウォーク
    西山
  • マツバラ光機
    ミノチャゲ
  • マツバラ光機
    西山
  • Acruさんで、Hasselblad503CXに合わせるストラップ購入
    ミノチャゲ
  • Lietz Focomat 1C − 受け継ぐということ
    ミノチャゲ

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM