京都: 家路 (渡月橋にて)

 もう渡月橋の向こう側の山に日が沈む時間が近づいてきたころ、渡月橋の方向から飛んんでくる鴨の編隊を発見。上流側からAIサーボAFで追いかけ続けて、川面に段差ができる少し手前から連続撮影で捉えてみました。日が暮れかけて、鴨たちも家路についたのでしょうか。

嵐山ー家路につく鴨
Camera: Canon EOS 40D
Lens: EF-S17-85mm f/4-5.6 IS USM
85mm, f/6.3, 1/250sec, ISO 500, AI SERVO



 流し撮りをやればやるほど、望遠ズームが欲しくなる。目下のところ一番気になっているのは、最近発売になったSIGMA APO 120-400mm F4.5-5.6 DG OS HSM。もう少し軽量だとよいのだが、OS(手ブレ補正機構)とHSM(超音波駆動モーター)が同時搭載というのが魅力的。流し撮りだけではなく、遠めにいる猫なんかを捉えたい時などにもよさそうだ。キャノンのLレンズで300mm以上のズームでIS(手ブレ補正機構)とUSM(超音波モーター)が両方とも搭載されていると、とてもではないが、手を出せるお値段ではなくなってくる。キャノンのLレンズで200mm前後までズームできるレンズと比較する日々が続きそうだ。
 今日、仕事の帰りに、このレンズをヨドカメのアキバ館で見てきました。店頭に並んでいたEOS40Dに取り付けて、ファインダーを覗いてみた。OSは、かなり安定感を感じた。アキバ館はかなりフロアーが広いので、かなり遠めで被写体が重なり合っている部分では、EOS40DのAFがちょっと迷うときがあったが、HSMの追従はかなりよいように思った。現在使っているシグマの50mm単焦点レンズは、HSMが付いていないのでなかなかこうはいかない。
 お値段も、同じような機能のキャノンのLレンズよりかはかなり割安で、10万円を切っていた。

 やっぱりボーナスで買いたいなぁ〜。


にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ<--この写真を気に入られた方、是非応援クリックお願いします。

関連記事:鴨の滑空

JUGEMテーマ:旅行



京都: 終わりゆく春

 哲学の道で撮影。
 川面に流れていく桜の花に儚さを感じて、撮りました。
 
終わりゆく春(哲学の道)
Camera: Canon EOS 40D
Lens: EF-S17-85mm f/4-5.6 IS USM
85mm, f/5.6, 1/20sec, ISO 200


 散った桜の花に春の終わりを、川面で少し反射する日の光に、もうすぐやってくる夏を感じました。

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へにほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ<--この写真を気に入られた方、応援クリック是非お願いします。

JUGEMテーマ:旅行



京都: 青蓮院のライトアップ

 青蓮院は、私にとっては思い出の場所。大学受験に失敗してオヤジと大ゲンカ。家を飛び出して、新幹線に飛乗り、なぜか向かった先は京都。1週間以上、京都の町を迷っていました。京都駅前から金閣寺のあたりまで徒歩で行ったりしてました。体力だけはありました。若かったなぁ。
 ここ青蓮院の庭は本当に素晴らしく、プチ家出をした時には、朝の拝観開始の時間から夕暮れまで、一日中何も考えずに過ごしたことがあります。
 一週間以上の間、お金はどうしたのかと思われるでしょう。家を出る時、母がコソッとお金が入った封筒を渡してくれたのです。完全に親の脛かじりだったわけです。全然人間が出来ていなかった当時の自分を振り返ると、本当に恥ずかしいです。完全にアマチャンでした。

 とういうわけで、京都そのものに私は特別な思いがあるのですが、その中でも特に青蓮院は好きな場所。この思い出の地で、すごく綺麗なライトアップを切り取ることが出来たのはうれしい限りです。

青蓮院のライトアップ
Camera: Canon EOS 40D
Lens: EF-S17-85mm f/4-5.6 IS USM
17mm, f/9.0, 30sec, ISO 200
With
Velbon Neo Carmage 643Q & Velbon QHD-62Q

 30秒の長時間露光で撮影。この写真を見ると、大きな木を照らし出している白色の明かりと庭の青色LEDが同時に輝いているように見えますが、実際には違います。白色の明かりがジワ〜ッとフェードインしてきて、ある一定の時間経過して、またジワ〜ッとフェードアウトしていくのと同時に、今度は地面の青色LEDがフェードインして、また後からゆっくり白色の明かりと入れ替わっていきます。
 したがって、白色の明かりと青色LEDの明かりをバランスよく取り入れるのに、最初はなかなかうまくいきませんでした。白色の明かりを入れすぎて白トビしてしまったり、逆に取り入れる量が少なすぎて、ほとんど青色LEDの光だけになってしまったり...なんとか最後は、この写真のレベルにたどり着きました。

 この写真を撮った後、面白いと思ったのは、写っているご婦人お二人です。この写真を撮った時、カメラの前を10人以上の人が通り過ぎて行きました。30秒の長時間露光であったので、動きの速い人物は写らないわけですが、このお二人は、ほとんど身動ぎもせずそれだけライトアップの美しさに見惚れておられたわけです。
 ライトアップに魅せられたお二人だけを撮り込む.....。こういう表現は、動画ではできないと思います。写真ならではの面白さだと思います。

 ちょっと残念なのは、ブログの画面の大きさに限界があるので、青色LEDの光が小さくなってしまうこと。もっと引き伸ばしてみるとかなりきれいです。
 残念ながら、ブログ掲載用にメモリーサイズを落としているので、このブログの写真を引き伸ばしても綺麗には見えません。



にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへにほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ<--この写真を気に入られた方、ぜひ応援ポチお願いします。



JUGEMテーマ:写真

京都: 祇園界隈にて

 この写真は、清水寺から京都駅前のホテルに戻る途中、祇園界隈で撮ったもの。階段を下って、旅館の前でお客さんを待っている
 タクシーの脇をすり抜けて、ふと振り返ったら、夕暮れというよりも夜になってきた時間帯の青い空気感の中で、フォグランプ自身の
 輝きと、それに照らし出されるアスファルトの反射がとても印象的な情景を醸し出しているのを見た瞬間、モノクロで撮ったら綺麗な
 階調表現ができるのではないかと思い、シャッターを切りました。

 
祇園界隈
Camera: Canon EOS 40D
Lens: EF-S17-85mm f/4-5.6 IS USM
85mm, f/5.6, 1/10sec, ISO 1000
Picture Style: Monochrome

 もうかなり光量が足りなかったのでISO感度を1000としたことが、
 モノクロにおけるフォグランプの輝きをより印象的なものにしれくれたようです。つまり、ISO感度の値が低いときよりも
 少しノイズが増えたのか、モノクロにしたとき、フォグランプ周辺の照射がとても柔らかい印象になってくれました。
 普通に都会で見るタクシーだと、平凡な仕上がりになっていたと思いますが、ここは京都。なんかこう.....、絵になるんですよねぇ。
 フォグランプの効果と闇の向こうに続くような階段と、それを下りてくる二人の女性が、奥行感を出してくれて、結構よい雰囲気に仕上がってくれました。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへにほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ<--この写真を気に入られた方、ぜひ応援クリックをお願いいたします。


JUGEMテーマ:旅行



写真ギャラリー開設(まずは京都から)

 今、BSジャパンで放送しているキャノンプレミアムアーカイブス「写真家たちの日本紀行」ですが、皆さんはご覧になっておりますか? 写真ファンは必見だと思います。一流の写真家の皆さんが日本を巡り、日本の美しい風景や風情を伝えています。
 今週と先週の放送は、久保田博二さんが登場。京都の町を歩いて回って撮られていました。 久保田さんは、世界最高峰の写真家集団として知られるマグナム・フォトの日本人唯一のメンバー。 あのロバート・キャパが結成メンバーの一人であることはあまりにも有名。
 その久保田さんがEOS40Dを携えて、京都の印象的な写真を撮りまくっておられた。EOS40Dで、京都の"音"を捉えるという難しいテーマにも果敢に挑戦されていた。番組中で久保田さんがメインでお使いになっていたのはLレンズではなく、EFの標準ズームでした。私が普段使っているレンズなので、久保田さんが京都の街角や景勝地で撮るときのアプローチのしかたは、大変参考になりました。本当にこういう番組は貴重です。
 久保田さんの2回シリーズは私がGW中に京都に行った後で放映されました。久保田さん2回シリーズをGW前に放映してくれていたらなぁ....というのが本音です。久保田さんが京都で撮られた写真はBSジャパンのWebサイトにも掲載されています。

 そういう私はと言えば、ミノチャゲ写真館の写真ギャラリーのHTMLとCSSのフォーマットがようやくかたまり、昨晩最初のページをサイトにアップロードしました。久保田さんの素晴らしい写真とは比較対象にはならないですが、ヘタッピ写真でも、それなりに京都の雰囲気は伝わっているのではないかと思います。まだこのブログで紹介していない写真も先行して掲載しております。
 清水寺で撮った灯りが非常に印象的だったので、その灯りをうまく京都特集のウェブサイトの背景として使いたいと思いました。ブラウザーを見たときに、液晶画面のどの位置に配して、スライドショー画面とのバランスをどのようにとるかでかなり悩みました。昨晩はJavaScriptのスライドショーが思い通りに動いてくれなくて大いに悩まされました。こいうとき、私のようなサイト構築の素人は、参考書を読んだり、HTML/CSS/JavaScriptの解説サイトををひたすら回遊するしかないので、つらいですよね。
 皆さんがお使いの液晶画面の大きさによって、背景の灯りの位置が変わってくるので若干バランスが悪いと感じる方もいるかもしれませんが、ご容赦下さい。

写真ギャラリー開設


 左側縦方向に並んでいるサムネイルにカーソルを合わせると、写真の簡単な解説がでるようになっています。ギャラリーはまだ一枚目だけですが、フォーマットが固まったことで、来週からもっとペースを上げてギャラリーのページを増やしていけると思います。
 
 次回のプレミアムアーカイブスは、榎並悦子さんが登場。路面電車の町、長崎を旅されるそうです。榎並悦子さんは、私が定期購読しているアサヒカメラでも、「今日から差がつくマルテク写真教室」を連載されていて、私のようなデジイチ初心者にも大変分かりやすくデジイチの使い方や、撮影機材の効果的な使い方を解説されており、こちらも大変参考にさせて頂いております。
 それだけに、榎並悦子さんが長崎でどのような写真を撮られるのか、今から大変楽しみです。次回放送は、5月17日です。同じ日の午前中は、久保田さんの第二回放送分が再放送となるので、見逃した方は是非ご覧を。

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ<−−この記事を気に入って下さった方、ぜひ応援クリックをお願いします。



JUGEMテーマ:写真



京都: 緑一色東福寺

 東福寺は、京都で私が最も好きなお寺のうちの一つ。もう何度訪れたか分かりません。紅葉の木々に囲まれて、とても浮遊感が
 あるこの空間が、なんとも言えないです。
緑一色東福寺
Camera: Canon EOS 40D
Lens: EF-S17-85mm f/4-5.6 IS USM
50mm, f/5.6, 1/250sec, ISO 200
Picture style: AUTUMN HUES
White balance: color temperature 5100K
with
Kenko Pro1 Digital Wide Band C-PL(W)

 これだけの紅葉、秋は紅色に染まって、また趣が異なる雰囲気を醸し出して、さぞかしきれいでしょう。
 しかし、このグリーン一色の景色も、圧倒されますし、いつまで見ていても、何度見ても飽きないです。

にほんブログ村 写真ブログへにほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ<――この写真を気に入って下さった方、是非応援ポチをお願いします。

JUGEMテーマ:旅行



京都: 清水寺の夕日

 今日もまた、夜遅くまで仕事でした。
 コメントして下さった皆さん、お返事は明日いたします。

 京都の清水寺といえば、有名なのはあの舞台。
 清水寺の舞台も迫力あってすきですが、今回行った時にはこの夕日に心を奪われました。
清水寺>
Camera: Canon EOS 40D
Lens: EF-S17-85mm f/4-5.6 IS USM
72mm, f/5.6, 1/80sec, ISO 200
With
Velbon Neo Carmage 643Q & Velbon QHD-62Q


 本当は、日没まで待っていたかったのですが、日没になる前に午後6時半となり、門が閉まる時間。
 日が沈んだ直後の方が、もっと赤色と藍色のグラデーションを捉えることができたでしょうが、時間的制約で撮影できず。
 日照時間が短くなる秋以降ならば、もっと印象的な日没を撮れるかもしれないですね。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへにほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ<--この写真を気に入られた方、ぜひ応援ポチお願いします。


JUGEMテーマ:旅行



京都駅: 第2回鉄道模型運転会

 コメント下さいっている皆様、お返事遅れておりましてすみません。もう夜中なので、とりあえず写真だけアップして
 お返事は明日(実質今日ですが...)書きますね。

 GW中、京都駅の地下街で鉄道模型のイベントに遭遇。
 第2回鉄道模型運転会「ミニチュア鉄道の旅」....だそうです。

 おそらく、鉄道模型ファンの皆さんが思い思いに自分の模型を持ち寄って走らせていたのでしょう。

鉄道模型運転会
Camera: Canon EOS 40D
Lens: EF-S17-85mm f/4-5.6 IS USM
70mm, f/5.6, 1/250sec, ISO 1600, AI SERVO AF


 鉄道模型が走っているのを見て、これはEOS40DのAIサーボAFが得意なシーンだと思って早速撮影の準備。
 周囲は子供たちばかりで、もっさいオヤジが、”ごっつぃ”カメラを構えているのは、お父さんとお母さんたちにからは
 かなり奇異に思われた筈。ちょっと恥ずかしかったですが面白い写真が撮れるかもしれないという期待感の方が勝っておりました。
 ゲージのカーブを曲がって、のぞみが直線に入ってきた瞬間からAIサーボAFで追い続けて、女の子が一生懸命手を伸ばして
 撮ろうとしているアングルで捉えたあたりから連写しました。

 のぞみの模型が走る姿を、一生懸命携帯電話で撮ろうとしている女の子がとても可愛いくって、その様子もファインダーに収めてみました。


(追伸)この記事を書いている最中に地震発生!!!震源は茨城県沖のようです。
    私の自宅は千葉県の船橋ですが、かなり揺れています。
    数回に分けて、波状攻撃的にきているので、まだデッカイのがくるのかなぁ。
    おっかないなぁ〜〜......。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへにほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ<--この写真を気に入られた方、是非応援クリックお願いします

JUGEMテーマ:旅行



京都: 嵐山の川べりで

 神護寺からの帰り、嵐山に寄りました。
 もう何度か訪れているておりますが、嵐山はやっぱり観光客が多いですね。
 
 この写真は、渡月橋近くの川べりで撮影。周囲は川べりで座っている人も多く、三脚を立てたら、迷惑になりそうな感じだったので手持ち
 で撮影。

京都: 嵐山の川べりで
Camera: Canon EOS 40D
Lens: EF-S17-85mm f/4-5.6 IS USM
72mm, f/5.6, 1/50sec, ISO 400


 夕暮れの時間が近づきつつあり、光量が若干少なめだったのと手持ちによる手振れを防ぐ意味でもISO感度を少し高めに設定。
 反面、水の流れをやわらかく表現したかったので、シャッタースピード遅めに設定。画面中の鷺は、魚を狙っていたのかほとんど身動き
 していなかったので、できることなら三脚を立てて、もっとシャッタースピードを遅くして、さらに水の流れを柔らかくしたかったのですが
 この写真の設定以上にシャッタースピードを遅くした写真では、さすがに手振れの影響が大きく出てしまい、ブレブレの写真になって
 しまいました。

 やっぱり、こういう水の流れが綺麗な場所で撮るときにはシャッタースピードを遅くして撮りたいです。
 嵐山で撮るときには、観光客が少ない早朝の時間帯に来て、三脚を使いたいですね。
 


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへにほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ<--この写真を気に入られた方、是非応援クリックお願いします
JUGEMテーマ:旅行



50mm単焦点マクロの1st・ベスト・ショット

 神護寺から高雄バス停に戻るとき、いつも使っているCanon EFの標準ズームレンズ(EF-S17-85mm)から
 シグマの50mm単焦点レンズに付け替えて、スナップショットを楽しみました。
 参道の崖の下に、マイナスイオン一杯の新緑の中で一際黄色が鮮やかな花を発見。今年3月にEOS40Dを使い始めた後に
 撮った花のマクロ撮影の写真としては、これが最初のベストショットだと思います。

神護寺参道でマクロ撮影した花です。
Camera: Canon EOS 40D
Lens: SIGMA MACRO 50mm F2.8 EX DG
f/2.8, 1/200sec, 50mm, ISO-200
Kenko Pro1 Digital Wide Band C-PL(W)


 CPLフィルターを付けていたことにより、シャッタースピードが1/1000秒のような高速にならなかったおかげで
 花びらの端や草の緑色が適当な被写体ブレを起こし、なおかつ単焦点レンズ特有のボケ味の効果と相まってこのような
 写真の仕上がりに繋がったと判断しております。

 いつも使っているCanonの標準ズームレンズだと、この場合CPLを付けると暗すぎて、シャッタースピードが遅くなりすぎ
 このような写真の効果は得られなかったと予測しています。
 シグマの単焦点レンズの独特のボケ味と絞り開放F2.8の明るいレンズのおかげと思っております。

 今回使用したシグマの50mm単焦点レンズは、CAPAの今月号(192ページ)の激安高性能レンズの特集記事の
 中でも紹介されています。確かに、私が購入したときも3万円を大きく下回る価格でしたが、これだけの描写力があると
 もっと色々なマクロ撮影に使ってみたくなります。

 このレンズには手振れ補正機能が付いていないので、初心者の私では屋外撮影は難しいのではと思っておりましたが
 この写真を撮ってから少し自信が湧いてきました。もっと色々な場面で積極的に使ってみようと思います。

 花のマクロ撮影をするときには、この単焦点レンズを当分手放すことができそうにないです。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへにほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ<---この写真を気に入られた方、応援クリック是非お願いします。

JUGEMテーマ:旅行




ブログ内検索



ライカMLレンズ
厳選64本



Forms of JAPAN
Michael Kenna



フィルム写真の教科書

categories





増補改訂 新版
山陰旅行
クラフト+食めぐり
[ 江澤 香織 ]



西日本のうつわを
めぐる、手仕事旅行



中判カメラの教科書


魅惑の
ハッセルブラッド図鑑
【電子書籍】



ライカの魔法
[ 森谷修 ]



赤城写真機診療所
[ 赤城耕一 ]

profile




links



archives

TBP



selected entries

recent comment

  • 帰ってきたGR1V
    SK
  • 長尺フィルムの巻き込み作業初体験
    ミノチャゲ
  • 長尺フィルムの巻き込み作業初体験
    中野真樹
  • アーカイバルプリントウォッシャーをモバイル化
    ミノチャゲ
  • アーカイバルプリントウォッシャーをモバイル化
    西山
  • オオサカ・フィルムフォトウォーク
    ミノチャゲ
  • オオサカ・フィルムフォトウォーク
    西山
  • マツバラ光機
    ミノチャゲ
  • マツバラ光機
    西山
  • Acruさんで、Hasselblad503CXに合わせるストラップ購入
    ミノチャゲ

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM