市川でお散歩(1)

 Canon EOS40Dを購入して、しばらく使い方を覚えようとマニュアルを読んだり、試し撮りを行っておりましたが、昨日、購入後初めてEOS40Dを持って散歩に出ました。
 ’07年1月04日の投稿でご紹介しましたが、今回も山と渓谷社発行の「千葉さわやか散歩42コース」に紹介されている散歩コースを巡ってみました。
 今回の散歩コースは;

 JR市川駅ー>いちかわ文学の道ー>入江橋ー>下総国分寺ー>しゅんさい池緑地ー>里見公園ー>江戸川沿いー>JR市川駅

をめぐるコースです。「千葉さわやか散歩42コース」では、最後はJR市川駅ではなく京成線の「こうのだい」駅が終着地ですが、船橋に帰るのにはJRの市川駅から総武線快速が一番便利なので、終着をJR市川駅とした次第。

 さて、私がEOS40Dで最初に投稿する記念すべき写真は、入江橋のすぐ近くで真間川沿いの歩道の脇で咲いていたのを撮った菜の花の写真です。
市川散歩01

Camera: Canon EOS 40D
Lens: EF-S17-85mm f/4-5.6 IS USM
With "Angle Finder C"


 寒い日が続いていましたが、春は確実に近づいているという気がしました。この写真を撮った手前に「いちかわ文学の道」がありますが、ここはずっと道に沿って桜並木が続いていました。当然、まだ桜は咲いていませんでしたが、桜前線が北上してきて、開花したら、この道はきっと桜の花びらで、綺麗に彩られると思います。

 この写真を撮った場所は、狭い歩道沿いで、菜の花が比較的低い位置にあったので、カメラを花と同じ高さにすると、ファインダーを覗くために、しゃがんで首を横に向けるか、寝そべる他ない感じでした。狭い歩道添いで、しかも自転車や歩行者が通りぬける場所でしたので、そのような場所で邪魔になる姿勢で撮影するわけにもいかない状況でありました。EOS40Dの液晶モニターは、上下に動かすことがでいなので、液晶画面のライブビュー機能を使うと、やはり無理な姿勢になってしまいます。
 このとき、役に立ったのが、EOS40Dと合わせて購入したアングル・ファインダーCでした。ファインダーの通常のアイピースをアングル・ファインダーCに取り換えるのはワンタッチで非常に簡単。きっと使う場面があるだとうと、ジャンパーのポケットにアングル・ファインダーCを入れておいたのがよかったです。
 アングル・ファインダーCは、キャノンのEOSシリーズで共通して使えるので、もし今後EOSシリーズを新規購入した後でも引き続き使えるだろうと期待しております。
 これからも、低い位置に咲く花や、地べたに這うようにしている猫や犬を撮るのにはアングル・ファインダーCが非常に有効だと思うので、スナップ撮影のために出かけるときには常に携帯しておこうと思います。

 次回の投稿も、市川を散歩したときのスナップをお届けします。 

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへにほんブログ村 写真ブログ カメラ・レンズ・撮影機材へ<--ブログランキング参加中。応援クリック是非お願いします。

JUGEMテーマ:散歩



Cyber-Shot DSC-F717に感謝

 Cyber-shot DSC F717 03Cyber-shot DSC F717 02Cyber-shot DSC F717 01
 Canon EOS40Dを購入しました。次回以降の写真は、EOS40Dで撮ったものが増えていくと思います。
 今まで頑張ってくれた感謝の気持を込めて、手持ちのカメラについてちょっとご紹介します。
 CyberーShot DSCーF717です。一部Canon IXYで撮ったものもありますが、ミノチャゲ写真日記や私が別に主宰している(実茶藝館)に掲載している写真の多くをDSC F717で撮りました。‘03年1月に購入して以来、結構使い込んだような気がします。一度、撮像素子に記録するシステムが故障してしまい、大修理になりました。たしか修理費用は10万円を超えたと記憶しておりますが、購入したお店の延長保証の期間であったため、大きな出費は免れました。

 私にカメラの使い方のイロハ教えてくれたのが、DSCーF717です。

 主な仕様は
DSC-F717仕様概要


 購入した当時、コンデジの中ではかなりハイスペックでありました。プログラムモード、シャッタースピード優先モード、マニュアルモードなど基本的に一眼レフと変わらない機能でありますので、EOS40Dの使い方をお勉強している今、あまり抵抗感がないです。
 このカメラの特徴として、画像が非常にシャープな感じに仕上がる傾向があります。街並みの一部を切り取りたいときなどには、よい特徴かと思います。
 逆に、柔らかさがほしい時には、画像にカチカチ感が出やすいです。紅葉や霧がかかっている風景を撮るときなどには、苦労します。シャープネス設定を数段階で調整する機能も付いていますが、それでも柔らかさを調整するのには限界を感じています。
 あとは、やはり一眼レフに比べて撮像素子が小さいことの影響が大きいと思っておりますが、自分なりにカメラの勉強をしながら、撮影した画像を改めて見たとき、特にISO感度を高めに設定した時のノイズの多さが気になるようになってきました。特に、大きく引き伸ばして印刷したり、画像をパソコンの画面で大きく拡大したときです。
撮像素子が小さいといっても、2/3型というサイズは、購入した当時のコンデジとしては最大級。この点はDSCーF717の欠点というよりも、デジタル一眼とコンパクトデジカメの差というべきでしょうか。

Cyber-shot DSC F717 06Cyber-shot DSC F717 05Cyber-shot DSC F717 04
 欠点はどんな商品にもあると思いますが、私はこのカメラの明るいレンズが好きですし、コンデジとしては大ブリですが、今回購入したEOS40Dに比べれば、文字通りずっとコンパクト。レンズ部とカメラ部がスライドして角度を変えられるので、地面スレスレの画像を撮るときなどには、液晶画面のライブヴューを見ながら、無理な姿勢をしなくても撮れるよさもあります。コントラストが低い時でもフォーカシングしやすいホログラフィックAF機能も大変便利です。デジイチよりも撮像素子が小さいと書きましたが、デジイチの撮像素子としては今でも最大級クラスかと思います。小さな撮像素子に1000万画素クラスの画像を押し込む場合と比較してもまだまだ引けをとらないのではと思っております。マクロ撮影したときのボケ味も結構気に入っています。
こうしてみると、まだまだ長所も沢山あります。EOS40Dを購入したといっても、場面によっては引き続きDSC F717を使いたいです。
でも、もうかなり使い込んでいるので、またどこかが痛んで故障して修理に出さなくてはいけなくなるかもしれないです。コンデジですから、どこかが致命的な故障に見舞われたら、デジイチのように、レンズ側あるいはカメラ側だけを買ってきて交換するというわけにもいかないですからね。これからは、末永く私のお供を務めてもらえるように、十分に労わって上げたいと思います。

にほんブログ村 写真ブログ コンデジ写真へ<--ブログランキング参加中。応援クリック是非お願いします。


◆専門店の品揃え、ビックカメラのECサイト!

ネットでも“最大20%”ポイントサービス!

お手持ちのビックカメラポイントカードも利用が可能

(別途手続きが必要となります)


JUGEMテーマ:カメラ



スイス: アローザ(2) − 寒ぁ〜ブぅぅぅぅぅ〜〜〜

Arosa (2)


 ブぅぅぅルルルルルルぅぅぅ〜〜〜〜〜。

 本当に寒かった。昨日お伝えした写真の奥の方で、山頂付近が吹雪いているのが
 分かると思うのですが、この写真は、その地吹雪のような状態の中で撮ったもの。
 気温はマイナス8℃以下。寒さのせいで、デジカメの電池の消耗がものすごく激しい。
 顔も手足もすごく冷たくなってくる。
 レンズの絞り羽根が凍りついてしまうのではないかという不安の中で、いつもより
 消耗が激しい電池を交換しながら頑張って撮り続けたけど、もう限界。
 普段なかなか撮れない写真だと思って、夢中になって撮り続け、気がついたらなんだ
 か、足の先の方がジィ〜〜ンというかこうダンダン感覚がなくなってくるような
 気がした。
 さすがにヤバイと思って、この一枚を撮り終えて、山頂レストランに飛び込んで
 ホットワインをグぅぅ〜ッと呷るようにして飲んだのでした。

 周囲はみんなスキー客。
 「馬鹿だねぇこの日本人はぁ。スキーやるわけでもないのに、なんでそこまでして
 震えながら写真を撮るの」
 と、きっと思われていただろうが、写真を撮るのが好きだから、どう思われようが
 やめられないのである。



にほんブログ村 写真ブログへ<--ブログランキング参加中。応援クリックお願いします。


関口知宏が行くスイス鉄道の旅

JUGEMテーマ:写真

スイス: アローザ

アローザ(1)


 サンモリッツで一泊して、チューリッヒに戻る日。
 帰る途中でどこか寄れるところはないかと思って、またホテルで聞いてみた。
 チューリヒに帰る途中の駅、クール(Chur)で電車を乗り換えて、
 アローザに行ってみてはとのことガイドブックで見てみるとクールから
 電車で1時間くらいだった。これならチューリッヒに帰る途中に十分よれる。

 天気は快晴。
 サンモリッツほど大きくはないけど、アローザもスキーリゾート。
 素晴らしい景色が広がっていた。
 この写真は、奥に見える山頂の展望台へ向かう途中の中継地で
 撮ったもの。

 次回は、山頂からの写真です。


にほんブログ村 写真ブログ コンデジ写真へ<--ブログランキング参加中。応援クリックお願いします。

関口知宏が行くスイス鉄道の旅

JUGEMテーマ:写真

スイスーサンモリッツの湖

サンモリッツ・ピッツネイル(4)


馬がソリをひいてこちらに向かってきているが、実はここ、サンモリッツの湖の上です。
湖面が凍って、これだけ大きなソリが氷の上にのっていても割れないとはすごい。
スイスの皆さんは冬を多いに楽しんでいるように思います。
凍った湖面の上で競馬が行われたり、ゴルフをすることもあるようです。


にほんブログ村 写真ブログ コンデジ写真へ<--ブログランキング参加中。応援クリックお願いします。

JUGEMテーマ:写真




ブログ内検索



Forms of JAPAN
Michael Kenna



フィルム写真の教科書



categories





増補改訂 新版
山陰旅行
クラフト+食めぐり
[ 江澤 香織 ]



西日本のうつわを
めぐる、手仕事旅行



中判カメラの教科書


魅惑の
ハッセルブラッド図鑑
【電子書籍】



ライカの魔法
[ 森谷修 ]



赤城写真機診療所
[ 赤城耕一 ]

profile




links



archives

TBP



selected entries

recent comment

  • マツバラ光機
    ミノチャゲ
  • マツバラ光機
    西山
  • Acruさんで、Hasselblad503CXに合わせるストラップ購入
    ミノチャゲ
  • Lietz Focomat 1C − 受け継ぐということ
    ミノチャゲ
  • Lietz Focomat 1C − 受け継ぐということ
    ミノチャゲ
  • Acruさんで、Hasselblad503CXに合わせるストラップ購入
    西山
  • Lietz Focomat 1C − 受け継ぐということ
    satumanokaze
  • Lietz Focomat 1C − 受け継ぐということ
    カワモト
  • 遂にLeica (Leitz) の引伸機がやって来た
    ミノチャゲ
  • 霊鑑寺 (京都市左京区)
    ミノチャゲ

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM