印画紙(バライタ紙)のフラットニングの問題、やっと解決。


 今年のお正月に、Leitz Valoy II を購入して早速現像作業を始めたのであるが、印画紙のフラットニングで少々躓いていた。
 僕は、あるプロの写真家の方のワークショップに参加して以来、RCペーパーは使う気がなくなってしまった。黒の質というか奥行き感というか、素人が何を偉そうなこと言っていると、皆さんから怒られそうだが、やっぱり暗室作業をやるなら、バライタ紙で焼きたいのである。

 しかし.....、バライタ紙がとにかく高くなった。2年くらい前は、好きな印画紙(ILFORD MG4FB1K サイズ:8X10 枚数:100)が10,000円前後で買えたが、今は円安の影響もあるのか、15,000円前後だ。
 そこで、比較的値段が安いORIENTAL イーグルVCFB (サイズ:8X10 枚数:100 現在10,000円前後)を練習用に使って、特に気合を入れて焼きたい作品のみ好きな印画紙で焼くというやり方にしようと思った。

 実際に、イーグルVCFBで焼いてみると、印画紙が薄い影響なのか、乾燥した後のカーリングがかなり激しかった(カーリングの問題は、乾燥工程の工夫で解決。後日レポート予定)。イルフォードの印画紙の場合は、ズボンプレッサーにそのまま挟んで加熱するだけで、十分にフラットになったが、イーグルVCFBの場合は、そうはいかなかった。ズボンプレッサーの上に重さ20kg分の重しをしてみたが、やはりうまくいかない。

 自分でやったのでは、どうにもうまくいかないので、ヒットオンに水洗・乾燥した直後の印画紙を持っていって、ドライマウントプレスで、プレスしてもらうことにした。その際、ズボンプレッサーでもキチンとプレスできる筈とのお話があった。

 そして、僕の場合、印画紙を乾かし過ぎとの指摘を受けた。ある程度印画紙に湿気が残っている状態でプレスするのがよいとのことだった。とりあえず、ヒットオンに持ち込んだ印画紙数枚は、一旦もう一度水に浸し、再度乾かすところからやって頂くことにした。

 しかしである。僕はサラリーマンである。いつも、週末に自宅で現像の準備をして、水洗して乾燥棚に印画紙をセットするところまでは一日で出来るが、フラットニングまでは現像を実施したその日のうちに完了することは不可能である。貴重な週末である。残りの一日は、写真を撮りに行ったり、買い物に行ったりしたい。そうすると、翌週かもっと後でプレス作業をやろうと思うと、どうしたって乾燥棚に放置した印画紙は、どんどん乾いて、カリカリに乾燥し切ってしまう。一度カリカリに乾ききった印画紙を、ズボンプレッサーでプレスする際に、できるだけ手軽に適度な湿り気を帯びた状態に出来ないかと、色々試行錯誤した。
 最終的に、ある簡単な方法で、プレスの直前に印画紙に湿り気を再び持たせることに成功した。その方法は次回紹介します。

 さて、プレス作業はどうしたかというと、まずは、ある程度湿気を持たせた状態の印画紙を、デッサン用の中性の画用紙で挟み込みました。画用紙は表面があまり凸凹していないタイプのものを選びました。そして更に、画用紙二枚に挟んだ印画紙を、厚さ2mmのペーパーボード2枚の間に挟んで、ズボンプレッサーでプレス。プレスしている間は、20kgの重しをして圧縮。そして出来上がった印画紙が、以下のような感じです。特に、印画紙の端のほうが波打ったり、よれたりしていた問題が、完全に解消しました。

グレピ




関連記事
 
 印画紙(バライタ紙)のフラットニングの問題、やっと解決。(2)

 フラットニング前の準備




にほんブログ村 写真ブログ 暗室・現像へ<--応援ポチ、お願いします。




JAY TSUJIMURA さんの桜柄のレリーズもいい!









Valoy IIのための多階調フィルターのフォルダーを自作

 家にValoy IIがやってきてくれたのはよかったのですが、Valloy II には多階調フィルターのホルダーがないです。

フィルターホルダー


 Fuji VG Filter N Pset には、ワンタッチホルダーが付いているので、それをアダプター(17675)を付けた状態のFocotar 50mm F4.5の鏡筒部に付ければ、多階調フィルターを使える。

 しかし、なにせFocotarは、古いレンズ。ホルダーをレンズに直接装着することには、抵抗がある。そこでValoy II付属の赤フィルターと同じように、L字型のステイを使ってValoy IIにホルダーを固定することを考えた。

 色々探して試行錯誤した結果、ダイソーで売っているエッグセパレーター(卵の黄身と白身を分けるためのもの)の中心部をカットして、L字型ステー(東急ハンズで購入)と接合するための穴を、エッグセパレーターの取っ手のできるだけ端の方に開け、尚且つ取っ手の一番端の部分を、少しヤスリで削った上でL字型ステーにねじで固定すると、丁度レンズとエッグセパレーターの中心がリニアになってくれる。

エッグセパレーター



L字型ステー



 実際に、Fuji VG Filter N Pset のフィルターを、自作したホルダーにのっけてValoy IIのライトを付けてみたが、ケラれることなく問題なく使えることが分かった。

 あとは、自作したホルダーを、光が反射しないように黒く塗れば問題ない。


 2月後半からValoy IIで引き伸ばし作業をやる予定だが、これで多諧調フィルターも問題なく使える。




にほんブログ村 写真ブログ 暗室・現像へ<--応援ポチ、是非お願いします。







遂にLeica (Leitz) の引伸機がやって来た

 遂に、Valoy IIが、自宅の暗室にやってきた。

Valoy II_04


 ずっと憧れていたライカ引伸機。当初はフォコマートIcが欲しいと思っていたが、状態がよい品は、高すぎて手が出ない。 今回、手に入れたValoy IIは、簡単に言うと、フォコマートIcからオートフォーカス機能を取り去ったような製品。

Valoy II_01


 僕が、ライカの引伸機を購入したかった最大の理由は、コンデンサーレンズが、ネガキャリア上のフィルムを直接上から押さえるので、フィルム面が、コンデンサーレンズに密着して、完全にフラットになってくれることにある。Valoy II は、オートフォーカス機能がないものの、コンデンサーレンズがフィルム面を直接押さえるというFocomat IcやFocomat IIと共通の特徴は備えているので、購入を決めた。

Valoy II_02


 フィルムを直接コンデンサーレンズが押さえるとなると、ニュートンリング(干渉縞)の発生が懸念されるが、今回購入したValloyの場合、それが発生しないようコンデンサーレンズの表面がアンチニュートンリング処理されている。


 ライカの引伸機に付属のネガキャリアは、最初から黒フチが出る大きさになっている。今まで使ってきたFujiB690の場合、ネガキャリアは、黒フチが出るようにはなっておらず、自分でネガキャリアを削って、出るように加工した。尚更のこと、直接コンデンサーレンズで押さえた時、どんな風に仕上がるか、楽しみである。

Valoy II_03



 購入したお店の方のお話では、僕が購入した製品は、1960年代に製造されたそうだ。僕と同年代だ。そんなに古い引伸機が非常に綺麗な状態で手に入ったことが、非常に嬉しい。支柱には錆が全く見られない。大事に使いたい。


Valoy II_05



にほんブログ村 写真ブログ 暗室・現像へ<--応援ポチ、是非お願いします。



暗室、始動−とりあえず試し焼き

 年末から始めた新しい暗室の準備、一昨日でやっとほぼ完了。まだLeitz Valoy IIが届いていないのですが、とりあえず既存のFUJI B690で、試し焼きしようと思ったら、問題発生。

14D14_Anshitsu.JPG



 ベニヤ板を張って、部屋の大きな窓を遮光していたのですが、太陽の熱でベニヤ板が反って、パーマセルテープでシーリングしていた部分が剥がれ始めてしまいました。

 ベニヤ板をひっくり返して、反対側の面を太陽に晒したら、反りが収まり、問題はなくなりましたが、念のためEtsumiの遮光カーテンを自宅最寄りのビックカメラで追加購入し、丈の長さを窓のサイズに合わせて裁断。 

14D14_Anshitsu02.JPG


 ベニヤ板を窓に貼り直して、さらにその前に遮光カーテンを設置して、遮光性はより完璧に。

14D14_Anshitsu03.JPG



 久しぶりに暗室作業やると、ダメですね。買ってあったと思っていた薬品が一種類なかったりして、最寄りのビックカメラに買い足しに走ったりしていたら、すっかり時間がなくなりましたが、それでも我が家のグレピをLeica M3 + Summilux 50mm f1.4 (ver.2)で撮ったときのフィルムで、最低限の試し焼きはやってみました。

14D14_Anshitsu04.JPG



 焼き上がり、特に問題はなし。今月後半は週末の予定が入っているし、来月前半は台湾旅行があったりするので、次回暗室作業ができるのは、2月の後半になります。そのころには、Valoyが届いていると思うので、このグレピの写真をFUJI B690で焼いた場合と比較したりしてみたいと思っております。



にほんブログ村 写真ブログ 暗室・現像へ<--応援ポチ、是非お願いします。








暗室準備、最終段階(引き伸ばし用レンズ、購入)

 暗室準備も、最終段階にきました。ライカの引伸機は、まだ整備してもらっていている最中ですが、それに装着するレンズを新たに購入しました。

 新たにといっても、何十年も前の中古レンズ。今回購入したのは、LeicaがまだErnst Leitzだった時代に製造されたFocotar 5cm f4.5。幸いにして傷一つ付いていない製品を購入出来て、オーバーホール済。

Focotar 5cm f1.4


 Focotar 5cm f4.5には、初期型と後期型があり、今回購入したのは、初期型。後期型は、シュナイダー社による委託製造でつくられたものだそうで、初期型と比べてプリントがシャープに仕上がるそうです。初期型は、より柔らかい仕上がりになるそうです。初期型と後期型を同時に一度に買えればよかったのですが、それは次回の楽しみということに。
 初期型を選んだ理由は、従来から使っているFuji B690用の引伸用レンズであるFUJINON EX 50mm f2.8がとてもシャープに仕上がるので、Focotarは、より柔らかく仕上がるレンズをまずは選んだという次第。僕の写真は、コントラストが高くてコチコチになる傾向があるので、柔らかく仕上げたいときには、今回購入したレンズに助けてもらおうかと(笑)。
 でも.....やっぱり、後期型も欲しいなぁ(そのうち、絶対買うぞぉ〜)。






にほんブログ村 写真ブログ 暗室・現像へ<--応援ポチ、是非お願いします。








今年は、銀塩モノクロに没頭?

 この年末年始の休みを利用して、準備してきた暗室。準備もいよいよ終盤。今まで使ってきたFujiB690はすでに設置済。この隣のスペースに、間もなくライカの引伸機がやってきます。

暗室_B690
 


 今までは、お風呂場暗室で、プリント作業を楽しんできましたが、特に困ったのが夏場。お風呂場では冷房出来ないし、現像液などの温度を20℃に保つために、バットを、氷入りの更に一回り大きなバットに入れて温度調整したりというような苦労がありましたが、これからはエアコンが効いた快適な部屋で引伸作業が出来るようになります。 



にほんブログ村 写真ブログ 暗室・現像へ<--応援ポチ、是非お願いします。




  



父、逝く.......写真再び(Leica M3)

 親父が、逝った。約1年強の闘病生活。仕事があるので、平日は母と妹が病院に行って看病。僕は週末のみの看病だったが、それでも約一年。大学卒業以来、父に会うのは年に、2回のみ。こんなに頻繁に父に会うという状態は、最近全くなかった。病床の父と、結構色々喋った。貴重な時間だったように思える。最後の方は痴呆症の症状も出て、一週間前どころか、前の日に母が話したことを繰り返して言っても分からなくなっていた。それでも、僕がくると父は喜んでいたし、僕も嬉しかった。

 葬式も終わり、四十九日の法要のことを母と話している。それでも、父が亡くなったという実感が、まだ全く湧かない。通夜の席でも告別式でも、涙は全く出なかった。薄情な息子なのだろうか。僕の今の感覚としては、実家に電話したら、また親父が電話口に出てくるという気持ちだ。だが、やはり父がもう天国にいったのだという実感が、少しづつ出てきている。出張に向かう新幹線の中で、ふと子供の頃一緒に新幹線に乗って父の実家に向かったことなどを思い出すと、目頭が熱くなってきて.....。


 また、普段通りの生活に戻りつつある。気持ちに少しずつ余裕が戻ってきている。写真欲がまた増してきている。フィルムで、また沢山撮りたい、現像したい、デジカメでも撮りたい。もう父が見ることができない分まで、この世の中で僕が見たものを、たくさん、たくさん撮りたい.....いまだんだんそんな気持ちになってきている。


Leica M3 (京都 阿蘭陀館)
Camera: Leica M3
Lens: Summilux 50mm F1.4 2nd Generation
Film: ILFORD Delta 400 Professional




にほんブログ村 写真ブログ ライカへ<--応援ポチ、是非お願いします。



JUGEMテーマ:LEICAで撮った写真



長尺フィルムの巻き込み作業初体験

 35mmのモノクロフィルムでの撮影が好きになって、だんだんフィルムの消費量が増えてきました。特に、EOS7s、EOS1V、GR1Vに加えて、LeicaM3を購入して以降は、GWや夏休みなど、まとまった休みがとれて、撮影の機会が増えるタイミングでは、36枚撮りのフィルムを、1か月で30本以上消費することも。

 フィルムのコストを少しでも削減するため、長尺フィルムとフィルムローダーを購入することにした。長尺フィルムは、100フィート(約30メートル)の長さがあり、これを12枚、24枚、36枚など自分の好きな撮影枚数分に分けてパトローネに自分で巻き込んで使う。自分の好きな長さに巻けるというのは有難い。例えば、同じ被写体を同じ条件で撮影したフィルムを複数用意して、それぞれ異なる条件でフィルム現像して、写真の仕上がり具合を比較テストしたいという場合、フィルム一本当たり、3〜6枚分のみ巻きたいなんてケースもあるかと。この場合、市販の24枚撮りまたは36枚撮りフィルムだと、かなり無駄がでる可能性がある。もちろん、あまった部分は、ほかの撮影目的で使えばよいわけであるが、すぐに現像して比較したい場合、やっぱり少ない枚数分のみ巻きたいというケースもあるかと。 自分の撮影目的に合わせて、フィルム一本当たりの巻き取り長さを調整できるということには、結構メリットがあると思う。

TX400(長尺フィルム)



 今回、ヨドカメさんで購入したコダックのTRI−X400(TX400)の長尺フィルムの場合、100フィートで¥5,980。これから36枚撮りのパトローネを自分で巻き取ってみたところ、19本できた。ただし、最後に巻きとった1本は、31枚分しか巻けなかった。よって、この最後の一本の端数を考慮して、36枚撮りで一本当たりのお値段を計算すると¥317になる。
 一方、TX400の36枚撮りを1本だけヨドカメさんの店頭で買うと、お値段は、¥480。従い、36枚撮りのフィルムを単体で買う場合よりも、長尺フィルムから自分で36枚づつ巻き込む方が、約34%お安くなる。フィルムが安かった時代は、プロの写真家の皆さんも長尺フィルムを多用されていたのか、昔は40%以上安くなったようだが、デジタル全盛のこの時代、やはり長尺フィルムも高くなっているようで.....。それでも、34%のコストダウンは、個人的にはとても大きいと思う。
 この間の週末購入したTX400の使用期限は、’14年の12月。僕の撮影ペースなら36枚撮り18本(+31枚)分であれば、十分に使い切れる(おそらく、半年も掛からんだろう)。

 今回購入した長尺フィルムのパッケージの中身は以下の写真の通り。もちろん、長尺フィルムの写真は撮れない。明るいところに出すと、感光してしまって使えなくなるから。長尺フィルム本体は、以下写真の缶の中に入っている。缶の中では、さらに黒いビニールの袋の中に入って、感光しないように配慮されている....と今だから書けるが、今回初めて暗室でこのパッケージを開封した時には、ちょっとドキドキ。
 今回、初めて真っ暗な暗室でパッケージを開けたわけで、一体中身がどうなっているのか分からないものを、手探りで開封して、長尺フィルムを取り出し、フィルムローダーに詰めた。

TX400(長尺フィルム)2


 フィルムローダーは、長尺フィルムをパトローネに巻き込むためのもの。僕はヤフオクで、フィルムローダーを調達。昔のLPL製のフィルムローダーが、完全未使用の状態で出品されていたものを、¥1,000で落札。
 最初に、長尺フィルムをフィルムローダーにセットする作業だけは、完全暗室状態で行う必要がある。ダークバックの中でセットすることもできるが、僕の場合は、週末にお風呂場を一時的に暗室状態にして、フィルム現像や引き伸ばし作業を行っているので、お風呂場でセット。
 以下の写真は、長尺フィルムをセットした後に撮ったフィルムローダーだが、表面に黒いテープ(パーマセルテープ)がベタベタ貼ってある。これは、完全に僕の取り越し苦労。もしかしたら、蓋に隙間があって、フィルムが感光してしまうのではないかと思って、お風呂場暗室で、長尺フィルムをローダーにセットしたとき、真っ暗な状態で、手探りで、蓋の隙間とか角の部分に、遮光目的でテープを貼りまくった。約¥6,000もする長尺フィルム。万が一にも光が入って感光してしまったら、長尺フィルムを買った意味がなくなってしまうと思ったから。でも、この作業は、多分必要ないかと.....。

LPLフィルムローダー



 フィルムローダーの中身は、以下の写真の通り。真っ暗な中で手探りでセットするのが、今回初めてであったこともあって、長尺フィルムをセットするのには、少々手間取りました。特に、写真左上のローラーの間で入り組んでいるあたりに、真っ暗闇でフィルムを通すのはチョット一苦労。
 でも、次回以降も、同様の作業を続けていれば、だんだん慣れてくるかと。

LPLフィルムローダー2


 フィルムローダーに長尺フィルムを詰めさえすれば、パトローネに巻き取って小分けにする作業は、明るい場所でできる。
 パトローネは、フィルムローダー用に空のものが販売されているが、ここでもコスト削減目的で、今まで使った36枚撮りのパトローネを、自家現像したときに捨てずにとっておき、それを18本用意してリサイクル。自家現像で、現像タンクのリールにフィルムを巻き取ったあと、フィルムを少し長めに残して切断。そのパトローネ側の切断部と長尺フィルムの端を、以下の写真のようにテープで固定。あとは、パトローネ装填部の蓋をして、フィルムローダーのハンドルを回して、必要枚数を巻きとっていく(今回は、36枚づつ巻きとった)。

LPLフィルムローダー3


 巻き取っていくと、フィルムローダー裏側のカウンターが、カチカチと動いて、何枚分巻きとったかタイムリーに判断できるので、巻き取り作業は、いたって簡単。巻き取ったら、フィルムをはさみでカットします。あとは、この作業を、長尺フィルムがなくなるまで繰り返すだけ。

 今回、36枚分に巻きとった18本(+31枚分)のパトローネは、いままで単体で購入していたフィルムと同じように、使用するまでは、密閉袋(ジプロック)に入れ、さらにそれを密閉容器に入れて、冷蔵庫で保管している。


 デジタル全盛のこの時代、長尺フィルムを使う人もドンドン減っていると思うが、手に入る間は、使い続けるつもり。ヨドカメさんの店頭には、よく使うイルフォードのデルタ400の長尺フィルムがなかったので、注文しておいた。


にほんブログ村 写真ブログへ<--応援ポチ、是非お願いします。



【送料無料】
イルフォード イルフォード デルタ 100 プロフェッショナル
135-30.5m巻き
DELTA100135100F[DELTA100135X100F]







今日はフィルムを自家現像 (Leica M3)

 さて、今日は久々にフィルムを自家現像します。先月遊びに行った台湾で、ライカM3とEOS1Vで撮った写真と、自宅で撮ったグレピ、クロピの写真を中心に、ILFORD Delta 400, Kodak 400TXなど全部で16本現像します。
 はやいとこ、朝飯食べて準備せねば。

卯辰山から撮った東山界隈(石川県金沢市)
Camera: Leica M3
Lens: Cosina Voigtlander NOKTON 35mm f/1.2 ASPH VM II
Film: ILFORD Delta 400
Shot Higashiyama area from Utatsuyama in Kanazawa, Ishikawa-pre.



にほんブログ村 写真ブログ 暗室・現像へ<--応援ポチ、お願いします。




JUGEMテーマ:金沢・百万石の街



来月から引き伸ばし作業再開

 入院中の父も回復に向かいつつあることから、来月から、また週末にフィルムの現像作業・引き伸ばし作業を本格的に再開することにした。6月に写真展を行ったときの仲間で、現像液の自家調合にも挑戦し始めていたのであるが、この2ケ月間は参加できずにいたので、まずはこれまでの自家調合で現像した結果で勉強させてもらって、僕も自家調合の現像液でトライしてみたいと思うのであります。

 この写真は、主計町から撮った浅野川。子供の頃、この辺りを通って父の実家に向かったものである。懐かしい。

主計町からみた浅野川Camera: Canon EOS1V
Lens: Sigma 50mm F1.4 EX DG
Film: Ilford Delta 400




にほんブログ村 写真ブログへ<--応援ポチ、お願いします。




JUGEMテーマ:金沢・百万石の街




ブログ内検索



Forms of JAPAN
Michael Kenna



フィルム写真の教科書



categories





増補改訂 新版
山陰旅行
クラフト+食めぐり
[ 江澤 香織 ]



西日本のうつわを
めぐる、手仕事旅行



中判カメラの教科書


魅惑の
ハッセルブラッド図鑑
【電子書籍】



ライカの魔法
[ 森谷修 ]



赤城写真機診療所
[ 赤城耕一 ]

profile




links



archives

TBP



selected entries

recent comment

  • 帰ってきたGR1V
    SK
  • 長尺フィルムの巻き込み作業初体験
    ミノチャゲ
  • 長尺フィルムの巻き込み作業初体験
    中野真樹
  • アーカイバルプリントウォッシャーをモバイル化
    ミノチャゲ
  • アーカイバルプリントウォッシャーをモバイル化
    西山
  • オオサカ・フィルムフォトウォーク
    ミノチャゲ
  • オオサカ・フィルムフォトウォーク
    西山
  • マツバラ光機
    ミノチャゲ
  • マツバラ光機
    西山
  • Acruさんで、Hasselblad503CXに合わせるストラップ購入
    ミノチャゲ

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM