京都 大原 宝泉院

 今年のGW最終日は、バスで大原に行った。清清しい空気。暑くもなく寒くもなく爽やかなお天気だった。

京都 大原 宝泉院


JUGEMテーマ:京都




ハッセルブラッドで、不具合発生 (2)

 オカモトカメラサービスさんにお願いした点検の結果、前回お伝えしたシャッターが切れないという問題は、レンズではなく、503CX本体の問題と判明。
オカモトカメラサービスさんのコメントは、以下の通り;


 503CXの精度不良で、レンズをセットした時に、大体のレンズは切れますが、今回のようにレンズによっては(特にPlanar C80mm T*のような古いレンズ)、シャッターボタンを押してもレンズのシャッターが作動しない時があります。もちろん、どのような正常なレンズでもセットしたら確実にシャッターは切れなければなりません.......


 とのことで、早速購入した東京のお店に連絡したところ、無償再修理を実施して貰えることになった。無償再修理は、ハッセルブラッド社から修理技術認定を受けている方が担当されるので一応安心。

 しかし、Planar C80mm f2.8 T*には別の問題があることが判明した。
シャッタースピードに問題。1/15-1Sが、許容外で早いスピード。そして、1/30と1/15が同じ露光量とのこと。これは、スロースピードを制御しているスローガバナーの作動不良が原因だそう。調整で修理できる場合と、交換が必要な場合があり、修理費が変わってくる。実際に修理をして交換不要の場合はスローガバナー代金(18,500円)は掛からないとのこと。こちらも、レンズを購入した大阪のお店に連絡したが、こちらは直ぐには無償修理には応じてくれない。
 「納得してお買いになったのですから、修理費は見積後に折半にするなど後日相談したい」
とのこと。こちらのお店の修理依頼先は、ハッセルブラッド社から修理技術認定を受けてはいない。もしスローガバナーの交換が必要となった場合、対応出来るのだろうか?
その他にも、こちらのお店の対応には疑問符が残る点が幾つかあり、ここにレンズの修理依頼をする気が無くなってしまった。

 そこへいくと、オカモトカメラサービスさんの対応には、感動した。点検しただけで、儲けも何も無いまま送り返されてきたカメラとレンズの梱包の丁寧さには驚いた。オカモトカメラさんからの見積は、決して安い金額ではなかった。追加で、岡本さんとメールでやり取りする中で、それだけの金額になる理由を懇切丁寧に、私のような素人にも非常に分かりやすく解説してくれた。

オカモトカメラサービス


 ブローニーフィルムがこの世から無くならない限り、ヨボヨボの爺ちゃんになっても、今回購入したHasselblad 503CXと、Planar C80mm F2.8 T*は、ずっと使い続けるつもりなので、シャッタースピードの調整だけではなく、レンズのオーバーホール、クリーニング、不具合の有無の確認、グリスの総入れ替えなど、やって貰えることは、全てお任せすることにした。





名古屋駅前の夜桜


今夜は名古屋泊。

ホテルに向かう途中チョット夜桜見物。



先月購入したハッセルブラッドで不具合発生。

 以下の問題の修理状況については、また続報出します。

 先月それぞれ別のお店で購入したハッセルブラッド503CXとプラナーC80mmを組み合わせて、先週末に初めて撮影した。最初は特に問題なかったのであるが、途中から少しおかしな症状が出てきた。

ハッセルブラッド


 シャッターボタンを押した時、普通ならば、ハッセルブラッド独特の

 「パコーン、バッシャ」

 という大きな音がするのに

 「カスン」

 という小さな情けない音がしてシャッターが切れない。もしかしてフィルムマガジンに問題があるのかと思って、フィルムマガジンを外してシャッターボタン押すけど、やっぱり切れない。どうしたものかと、絞りリングを左右に動かしたら、バックシャッターが開いた。次いでシャッターボタンを押すと問題なくシャッターが切れてバックシャッターが閉じた。
 巻き上げて、再度フィルムマガジンを付けて、絞りリングを動かさないままシャッター切ると通常通りシャッターが切れた。でも、絞りを変えてシャッター切ると、また「カスン」と小さい音がして、シャッター切れず、上記の操作を繰り返すと、また回復して、絞りを変えるとまた症状再発.......。

 この一週間は、東南アジア出張中であったのだが、出張先から、ハッセルブラッド社より修理技術の認定を受けてられる修理店に、メールで上記の症状を伝えて相談してみた。その結果
 
 「Cレンズをカメラにセットした時、レンズの連動シャフトのロックが解除される部品が、ガタついている可能性があります。重症になると、レンズをカメラに取り付け出来なくなります」

 とのことだった。

レンズだけまたはレンズとボディの双方に問題ある可能性もあるとのこと.......。
買ったばかりだけど、点検だけなら無料とのことだったので、帰国したら503CX、フィルムマガジン、レンズともに送ってみることにする。

 点検の結果は、続報で。











空港 手荷物検査場におけるフィルムのハンドチェック

 今週の東南アジア出張に、キャノネット QL17 G-IIIとGR1Vを持ってきている。35mmフィルムも当然持ってきている。

 関西空港のセキュリティチェック(手荷物検査、ボディチェック)で、ケースから出した35mmフィルム5本を透明のビニール袋に入れて
 「すみません、X線に晒したくないので、ハンドチェックお願いしたいのですが?」
 と聞いたら検査場の若い女性職員は、パトローネを見るのが始めてだったようで、なんだコレ??っていうような表情。.......嗚呼、世代の差を感じる(笑)。

35mmフィルム Oriental New Seagul


 その若い職員の後ろにいた年輩の男性職員の人が気が付いて
 「ああ、大丈夫ですよぉ〜。フィルムお預かりするので、進んでくださいねぇ」
 ということで、持ってきたフィルムがX線検査に掛かることはなかった。

 以前、ドイツからの帰国便に搭乗する際には、手荷物検査場でのハンドチェックは一切認めてくれなかった(スイスの空港は認めてくれた)。ドイツの空港の職員は

 「最新のX線検査装置は、昔と違ってフィルムには全く影響しないレベルとなっているので、全く心配ない。飛行機が上空に上ると、この検査装置よりももっと強い自然界の放射線が降り注ぐ。それでフィルムに影響出ないなら検査装置にそう神経質になる必要はない」

 と言われた。まぁ〜、そう言われてもなんかやっぱX線には出来るだけ当てない方がよいのではないかと思ってしまう。今回の出張の帰りの便でも、やっぱりハンドチェックをダメモトでお願いすると思う。

JUGEMテーマ:フィルムカメラ





ブログ内検索



フィルム写真の教科書

categories



中判カメラの教科書


魅惑の
ハッセルブラッド図鑑
【電子書籍】



ライカの魔法
[ 森谷修 ]



赤城写真機診療所
[ 赤城耕一 ]

profile




links



archives

TBP



selected entries

recent comment

recent trackback

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM