6X9判引伸機用の配光補正フィルター

 週末にお風呂場暗室で自家現像を楽しむようになって約一年経過しました。1年前にヤフーオークションで引伸機(FUJI B690)を購入したのですが、ひとつ足りない部品がありました。別になくても引伸作業は出来るのですが、これがあったら作業が少し楽になるのではと思っていたのが、配光補正フィルターセットです。

 僕が使っているB690の場合、中判カメラ用のブローニーフィルム(120/220フィルム)に対応していて最大6X9(実画面サイズ:56mmx82.6mm)のフィルムサイズにまで対応している。6X9という大きなサイズのフィルムに対応しているFUJIの引伸機で、最も一般的な35mm判のフィルムをf50mmの引伸レンズを使用してプリントすると画面の四隅で光量低下します。よって、この状態で引伸作業を行うと、当然照度ムラが発生します。
 実際、僕も特に大きなサイズの印画紙で、さらに背景が単一色でノッペリとした壁だったり、雲がない均一な空だったりするプリント作業時に、そのままストレートに焼いて、画面の隅の方の濃度が明らかに異なっているのが分かってしまうことがありました。だから、こういう場合は、隅の方だけ長目に焼き込むプリントをやり直す必要が出てきます。隅の方の濃さが異なっていると思った場合は、その部分だけ焼き込み作業を行って、できるだけ均一な背景の濃さになるように調整したりしましたが、それはそれで、いかにもアナログ的で楽しい作業だとも思ったりします。

 同じFUJIの引伸機でも、FD690のようなプロ向けの6X9判用高級機種だとf50mmの引伸レンズを使用する時には、専用の補助コンデンサーが純正部品として搭載されているようで、最初から照度ムラ防止に対応しているみたいです。

 35mmフィルムやブローニーフィルムでも6X7判までしか使わないという場合は、わざわざ6X9判対応の引伸機は必要ないわけで、35mm専用機や6X7判まで対応している引伸機ならば、6X9判対応引伸機のようにf50mmレンズ使用時の照度ムラは心配ないですからそれらを使った方がよいでしょうねぇ。しかし、私は今だんだん中判のカメラに興味を持ちつつあります。いつかはハッセルブラッドが欲しいなぁと考え始めています。ハッセルブラッドの場合6X9判までは必要ないですが、さらに6X9判対応のカメラが欲しいなんて思うこともあるかもしらんですからなぁ。そうなると、やっぱり現時点では照度ムラの心配がより少ない6X7判対応の引伸機などに買い替える気にはなれないです。だったら、35mmフィルムを使うとき専用にもう一台買えばよいではないかとなるのでしょうけど、何しろ狭い我が家。もうこれ以上引伸機を増やして、スペースを占領しようものなら、確実にカミさんに殺されてしまいます(笑)。


 私が購入したB690は、デジタルカメラが幅をきかせるようになる前は、非常にロングセラーの人気機種であったようですが、性能的には汎用機種のようで、照度ムラ補正用のコンデンサーは搭載されていないです。照度ムラを防止するためには、別売りの配光補正フィルターセットが必要になります。しかし、デジタル全盛のこの時代、今更この特殊な引伸機のアクセサリーを、富士フィルムさんが販売継続しているわけもなく、これもまたヤフーオークションで手に入れるしかないと思い、ここ数カ月間これが出てくるのをずっと待っていたら、やっと出てくれました。

配光補正フィルター

 
 発売されていた当時の価格とほぼ同額の5000円で落札。引伸機本体の落札価格と比較すると、少々高い買い物でしたが、落札して実際に送られてきた商品を見てビックリしました。外箱は色褪せておりましたが、中をあけて出してみると、今まで完全未開封の新品であることが分かりました。相当の年代物でしょうから、それが新品で手に入ったことには感謝したいです。

 配光補正フィルターという立派な名前がついているので、さぞかし高性能な光学補正用のフィルターだろうと想像していたのですが、意外とつくりは簡単。ガラスの中央の直径3cmくらいの範囲内に白い色のドットが印字して埋めつくされておりました。要するに、印画紙に焼く時の中央部の光量を抑えて、画面四隅の光量と合わせようとしているわけです。しかし、配光補正フィルターのみ使用すると、当然フィルター中央部の白いドットの影が印画紙にうつってしまう可能性があるので、もう一枚拡散ガラスなるものを、配光補正フィルターの下部に設置する必要があるのであります。拡散ガラスは、今回落札した配光補正フィルターセットの中にちゃんと入っておりました。

 昨日現物が届いたばかりなので、まだ、配光補正フィルターセットをB690に設置した状態でのプリント作業は行っておりませんが、とりあえずB690の中に取り付けてみました。
 B690の場合には、2枚あるコンデンサーレンズの間に拡散ガラスを簡単に挟み込むことができると分かり、とても便利。そして、配光補正フィルターはコンデンサーレンズの上部にあるフィルターポケットに入れればよいだけ。
 とりあえず、この状態で次回引伸作業をやってみようと思います。


 今回購入した配光補正フィルターセットは、B690だけではなく、FUJIの角型コンデンサーを採用している以下の機種でも使用可能だそうです;


 SS690、SD690、S690、S690DX、A690DX、F690MF、N690MF、S69、B


 尚、D35などのナングレアガラス付のネガキャリアを使用する場合、拡散ガラスは使う必要はないそうです。



にほんブログ村 写真ブログ 暗室・現像へ<---応援ポチお願いします。





自家現像の写真廃液処理(2)

 前回お伝えした自家現像の写真廃液回収の件、昨日実際に誠和工業さん(船橋市金杉)に回収しにきてもらいました。来る前に、自宅に電話があり、トラックで回収に来る時間を確認。その時間に合わせてマンションの前に廃液が入った20Lポリタンク2本を運んでおきました。

誠和工業


 
 トラックの荷台に現像液と定着液の廃液用の巨大なタンクがあり、そこに私が昨秋からためてきた各廃液20Lづつを注ぎ込んで作業終了。

 誠和工業さんのサイトに詳しい情報が出ておりますが、様々な処理工程を経て、最終的に廃液中に含まれる銀などは回収されて再利用されます。

 引取料金は、40L合計で3,360円(税込)。引取作業後にその場で現金払いでした。


 廃液をトラックの巨大なタンクに移す際、作業者の方はニトリルゴム製の手袋を使っていました。私も、自宅で現像作業を行うときには、ニトリルゴム製の手袋を使っています。ニトリルゴムは耐薬品性に優れるので、自家現像用の薬品を扱うときにも安心。ダイソーにも売っています。そんなに高いものではないです。


 現像液と定着液の廃液がそれぞれまた20Lたまったら、誠和工業さんに再度引取をお願いしようと思います。



にほんブログ村 写真ブログ 暗室・現像へ<--応援ポチ、お願いします。


JUGEMテーマ:銀塩モノクロ


自家現像の写真廃液処理

 昨年秋から始めた自家現像。写真廃液(現像液と定着液)がかなり溜まってきて、現像液の方は20Lのポリタンク1本を超えて2本目に突入。定着液も前回の現像が終了した時点でポリタンク一本に達しました。そこで、今度の土曜日、いよいよ溜まった廃液を誠和工業さんに回収してもらうことになりました。誠和工業さんは産業廃棄物を専門に取り扱う専門の業者さん。
 大学時代、化学をかじっていたこともあり、現像薬品類をそのまま排水とて流したら環境によくないことは理解できます。よって個人宅で自家現像したときに出る廃液をも引きとってくれる誠和工業さんは非常にありがたい存在。

 引きとり料金は、20Lのポリタンク1本につき1,600円。今回は現像液と定着液を1本づつだから3200円(税別)。環境を汚さないために掛かる費用が10か月につき3200円。私は十分安いと思うのであります。


にほんブログ村 写真ブログ 暗室・現像へ<−−応援ポチ、お願いします。

JUGEMテーマ:銀塩モノクロ


港からの富士山 (銀塩モノクロ)

  忙しくて、最近自家現像できるタイミングがなかったけど、この週末はできそうな感じ。何が楽しいかと言われると説明の
 しようがないのだけど、なんかいいですよねぇ。でもこの蒸し暑い天気でお風呂場暗室やると汗が噴き出すような感じになるで
 しょうねぇ。蒸し暑い夏場の自家現像はこの週末が初めて。うううむぅぅ...それでも現像やりたい。氷を沢山用意しなくて
 は。現像液の温度調整できっと大量に消費するだろうなぁ。

  この写真は、前回焼きこみをしたときのもの。江の島に行ったときに撮影。画面左側に沈んでいく太陽があったので、左側の
 空が、少し明るくなっていますよね。ちょっとムラのようにも見える。明るい部分だけ焼きこんだ方がよかったかなぁ。

夕暮れの富士山
Camera: Canon EOS7s
Lens: EF70-300mm F4.5-5.6 DO IS USM
Film: Fujifilm NEOPAN 400 PRESTO
Developer for film: Fujifilm Microfine
Enlarger: Fuji B690
Photographic paper: Fuji Varigrade WP FM
Developer for Photographic paper: Fuji Kolectol E




にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ<--応援ポチ、お願いします。


JUGEMテーマ:銀塩モノクロ



根気がいるスポッティング作業

  昨年の秋から自家現像を開始して、現像のやり方も自分なりに色々とトライしたいと思っているところですが、銀塩モノクロの
 現像作業の中で、一番神経を使う作業の一つがスポッティング。ネガフィルムにはどうしても、埃やその他のゴミが付着してしま
 います。ネガフィルムを引伸機のネガキャリアにセットする前に、十分にブロアで埃を除去したつもりでも、どうしても付いてし
 まうことは多々あります。

  下の写真の例では、印画紙の黄色い丸で囲んだ部分に埃の痕があることに、現像作業が終わったかなり後になってから気が付き
 ました。

スポッティング3


  現像作業が終わった後すぐに気が付けば、その場ですぐブロアで埃をとり直して、再度現像すればよいのでしょうがお風呂場暗
 室の場合、機材を一旦かたづけてしまうと、またセットし直すのにも時間がかかります。サラリーマンやっていると週末にしか時
 間とれないですから、こういう場合は、スポッティング作業で修正しています。面相筆と市販されているスポッティングカラーを
 使って、埃の痕跡を消していきます。とはいっても、暗室用品の販売が激減している昨今、スポッティングカラーを販売している
 お店そのものが減ってしまいました。私の場合は、ヨドバシカメラのアキバ館で堀内カラー製のスポッティングカラーを購入しま
 した。左下のオレンジで囲んだ部分は、上の黄色く囲んだ部分を拡大した画像です。右下の写真はスポッティング作業を行って
 埃の跡を消した後の画像です。まだまだ、修練が足りないのでしょう。右下の写真をよくみると修正した部分に埃があったことが
 まだ少し分かってしまいます。でも、これでもかなり見栄えよくなった方です。


スポッティング1 スポッティング2












  昨年、現像作業を始めたのと同時にスポッティング作業も始めましたが、最初のうちは失敗続き。黒色が濃すぎて修正した形
 跡がはっきりと分かってしまったり、筆に含ませた水分の量が多すぎて一度に沢山ボテッと印画紙の上に顔料を落としすぎたりと
 失敗の連続。
  でも、続けてやっていると、少しづつコツが分かってきたような気がします。顔料の濃度は実際に画面の濃さよりも薄めにして
 塗布するという感覚ではなくて、極小の液の粒をを繰り返し印画紙の上に落とし続けるイメージで粘り強く作業さうることが必要
 だと思いました。

  因みに、上の修正例ではまだ少し修正した痕跡が分かってしまますが、実際に肉眼で印画紙の修正箇所をみた場合には、もっと
 目立たないです。ブログに掲載するためにスキャナーでとったのですが、どうも余計なところまで鮮明にスキャンしてくれたよう
 です(笑)。






にほんブログ村 写真ブログ 暗室・現像へ<--応援ポチ、お願いします。



JUGEMテーマ:銀塩モノクロ

暗室用品にも対応してくれるビックカメラ船橋駅店

  地元船橋駅前にあったさくらやがなくなって、その後に同じビルの同じフロアーにビックカメラがオープンした。このとこ
 ろ国内外の出張が多くてオープン直後には行くことが出来なかったが、GW前に初めて行ってみた。さくらやの当時と比べると
 テレビとデジタルカメラの売り場面積が増えたように思える。何より嬉しいのは、自家現像の道具や現像薬品が置いてあったこ
 とだ。デジタルカメラ関連のアクセサリーなどに比べたら銀塩の自家現像関連の売り場面積は非常に小さいが、デジタルに勢
 力を奪われつつある中、置いてあるだけでも有り難いと思わなくてはいけないだろう。とは言っても、やはり現像関連の品数は
 少なかった。印画紙も現像薬品も種類が少なかった。そこで、エスカレーター近くにあった「お客様の声」を投書できるBOXが
 あったので、販売を希望する印画紙や現像薬品の種類を書いてみた。いつも撮影に使っているモノクロフィルムのネオパン400
 プレストとネオパン100アクロスも販売されていなかったので、試しに取り扱ってくれないか書いてみた。

  GW中の台湾旅行が終わった後、自宅に戻ってみたら、留守電にビックカメラ船橋駅店の方からのメッセージが残されており
 ました。私の投書に対するお礼と、意見を参考にさせてもらうという主旨のメッセージでありました。わざわざ電話までしてフォ
 ローしてくれるとは、嬉しい限りだ。早速、店舗に行ってみると、こららの希望通りに完全に対応してくれているわけではなかっ
 たが、確かに現像薬品の種類も印画紙の種類も増えた。実際に自宅のお風呂場暗室で、現像していて消耗品が足りなくなったら
 すぐにビックカメラ船橋駅店まで買いに行ける。これは助かる。今までだと、作業中に薬品が足りなくなったらヨドカメの錦糸
 町店が、アキバ館まで買いにいかなくてはならなかったので。

ビックカメラで購入したTRI−X400


  フィルムは、残念ながら’10年5月8日現在では、ネオパンの取り扱いは依然としてなかった。しかし、温度管理された
 フィルムのBOXを見たら、コダックのモノクロフィルムは取り扱っていることが分かった。コダックのモノクロフィルムでは
 撮ったことがないので、試しにトライーXを購入しました。いまGR1vに入っているネオパンを使い切ったら早速使ってみよ
 うと思います。


にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ<--応援ポチ、お願いします。
 


JUGEMテーマ:銀塩モノクロ



LPLユニバーサルイーゼルマスクを中古で購入。

  さて、昨日私にとっては初めての経験となる写真教室に参加してきました。昨日は、基本的なシャッタースピードの影響やフィ
 ルムの装填の仕方など、基本が中心。暗室作業は、来週からです。その様子は、またいずれお伝えするとして、今日は先週購入し
 たイーゼルマスクについてレポートします。

LPLユニバーサルイーゼルマスク1LPLユニバーサルイーゼルマスク1  LPLのL51322 ユニバーサルイーゼル DX1417を購入しま
 した。新品ではなくて、中古品。値段は1,2000円でした。新品の
 相場は、2,6000円前後。メーカー希望価格は32,000円くら
 いのようです。


  2枚羽根のイーゼルマスクは中古で持っており、実際に自宅のお風呂場暗室で使っておりました。もちろん、私のような初心
 者には2枚羽のイーゼルマスクで十分であることは分かっているのですが、2枚羽のイーゼルマスクは、閉めるときに印画紙が
 ずれてしまうことが結構多くて、扱い辛さを感じておりました。しかし、4枚羽根のイーゼルマスクは値段が高いので、買うと
 してもかなり先の話になうだろうなぁと思っておりました。

  ところが、先日中野の日東商事さんに行ったら、丁度お店の方たちが入荷したてと思われる中古の4枚羽根のイーゼルマスクを
 前にして何やら話をされていたので、値段を聞いてみたら
  「そっちにもっと程度のいいのがあるよ」
 と言われて、箱付きの中古品を見せてくれました。確かに4枚の各羽根には殆ど痛みがなく、ところどころ印をつけるために貼っ
 たと思われるテープの痕跡が少し残っているものの、かなり新品に近い状態。ヨドカメの暗室用品の売り場に置かれていた同じ商
 品の新品が2,6000円くらいしていたのを思い出して、迷わず購入しました。

  その後日東商事さんにやってきた別の人も、4枚羽根のイーゼルの質問をしているようでした。やっぱり中古品を探している
 人は結構いらっしゃるようです。

LPLユニバーサルイーゼルマスク3   LPLのL51322 ユニバーサルイーゼル DX1417が対応している印画紙のサイズは、

     大キャビネ:  5x7”
     六ツ切  :  8x10”
     四ツ切  : 10x12”
     大四ツ切 : 11x14”
     半切   : 14x17”     

 です。


LPLユニバーサルイーゼルマスク4  日東商事さんで購入して、自宅に帰ったときに、元箱の端にこの商品が新品で販売されたときの
 ものと思われる値札が付いていました。2,2000円でした。今現在の新品の価格の方が高いで
 す。これはおそらく、世の中のカメラがどんどんデジタルに移行してしまい、昔ながらのウェットプ
 ロセスによる現像作業のニーズが大幅に減ってしまったためと想像します。おそらく、製造元のこの
 商品の生産数そのものが減っているのではないでしょうか。




にほんブログ村 写真ブログ 暗室・現像へ応援ポチ、お願いします。









 


暗室作業の醍醐味(覆い焼きと焼き込み)

  この年末年始は、現像作業に没頭したかったのですが、カミさんが使っているパソコンのハードディスクが一杯となってし
 まい、パーティションの設定し直し、ソフトの再導入など結構時間が掛かってしまいました。予定していた銀塩カメラでの撮
 影や現像のための時間は、減りましたが、自宅のお風呂場暗室での現像作業がますます楽しいと思えるようになってきました。


自宅のベランダから撮影した雲Camera: Canon EOS7s
Lens: EF24-70mm F2.8L USM
Film: Neopan 400 Presto
Developer for film: Fuji Microfine
Enlarger: Fuji B690
Photographic paper: Fujibro WP KM2 (8x10)
Developer for Photographic paper: Fuji KORECTOL E



  この写真では、一枚の写真の中で覆い焼きと焼き込みを行いました。地平線から手前にグッと迫ってくる雲のトーンを出すの
 に最適な露光時間だと、地平線より下側のビル群は黒潰れしてしまい、画面左上の空は、白トビして雲のトーンがうまく出ませ
 んでした。そこで、地平線より下側には覆い焼きを、画面左上の空の部分は、逆に比較的長く焼き込んで雲のトーンが出るよう
 にしてみました。つまり、お風呂場暗室の引伸作業の中で、手作業でレタッチしている感じですね。

  パソコンの画面上で、覆い焼きと焼き込みができるソフトウェアーもあります。銀塩写真の場合、フィルムをスキャンして
 JPEGファイルなどにしてから、このようなソフトウェアーを使えば、わざわざ印画紙に昔ながらのウェットプロセスで、現
 像する必要がなく、パソコン画面上で、覆い焼きや焼き込みできます。しかし、画像の一部分だけを覆い焼きしたり焼き込みを
 したりするソフトウェアーは結構よいお値段になっているようです。もっともいまから覆い焼きを焼き込みを試してみたいと思
 われる方が、一から機材を揃えようと思う場合、ウェットプロセスの暗室機材を全部を揃えるよりも、このソフトウェアーと
 スキャナーだけ買った方が安上がりかもしれないですね。フィルムスキャナーが付いているプリンターをお持ちの方の場合は
 このソフトだけ買えば覆い焼きと焼き込み作業が出来ますしね。
  私の場合も、スキャナーをすでに持っているので、このソフトさえあれば、パソコンの画面上で覆い焼きと焼き込みができる
 わけですが、私にとっては、お風呂場暗室での手間のかかる作業が、よいストレス解消になっています。普段の仕事では、一日中
 パソコンの画面を見つめてながら作業していることもありますし、パソコンの画面を見る必要がないお風呂場暗室作業はとても
 楽しいと思えるのです。


  私にとっては、この写真が、覆い焼きと焼き込みを行った最初の写真になります。覆い焼きや焼き込みを行うと、ストレー
 トに現像した場合と写真の仕上がりが全然違ってくるので、そこに暗室作業の醍醐味を感じます。これからも、必要に応じて色々
 な写真で、覆い焼きと焼き込みを試してみたいです。


 にほんブログ村 写真ブログ 暗室・現像へ<--この記事を気に入って下さった方応援クリックを是非お願いします。
 


JUGEMテーマ:フィルムカメラ



三郷公園の紅葉(自家現像&自家プリント)

 さて、最近の週末は、銀塩モノクロ撮影とデジタルのカラー撮影を両方楽しんでおります。先月の末、埼玉の三郷公園に、秋を探しに行ってきました。木々はすっかり秋の色に染まっておりました。船橋からでも1時間くらいで行けるし、人が多い都内の公園よりも撮影しやすいかもしれないです。

 Camera: Canon EOS7s
 Lens: EF70-300mm F4.5-5.6 DO IS USM 300mm, f/5.6, Aperture Priority AE, ISO400
 Tripod: Velbon Neo Carmage 643Q & Velbon QHD-62Q
 Film: FUJIFILM NEOPAN ACROS 100
 Developer: FUJIFILM Microfine
 Enlarger: FUJIFILM B690
 Photographic paper: FUJIBRO VARIGRADE WP AM (8x10) with FUJIFILM VG Filter N : No.2
三郷公園の紅葉


  この写真は、望遠レンズで撮影。風があったので、葉がピタッと止まってくれる瞬間がなかなかなくて、若干ピンボケ。でも背景のモヤ〜ッとし感じが個人的には気に入っております。この写真は、フィルムの現像から、印画紙へのプリントまで全部自宅暗室(お風呂場暗室)にて行いました。
 自家現像は、何かと時間が掛かるけど、その時間がかかるプロセスそのものがとても楽しいと思うのであります。デジタルとはまた違った楽しさがあります。自宅暗室の機材は、全部中古で揃えました。Yahooオークションをよく活用しました。現像のことを全然知らなかった素人の私でも、誰に教わることなく、基本的に現像関連の参考書を読んだだけで、ここまでもってこれました。銀塩モノクロに興味のある方、是非トライされてみては如何でしょうか。

にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ<−−応援クリック是非お願いします。


JUGEMテーマ:銀塩モノクロ

我が家の暗室、こんな感じです

  先々週あたりから、本格的に引伸作業を始めました。印画紙の種類や焼き込み方で、同じネガから現像しても全然異なる仕上がりになるので、暗室作業に相当ハマりそうな気がします。モノクロ現像がこんなに楽しいものなんだと気付き始めた次第
 です。

我が家のお風呂場暗室


  写真に写っているのが、我が家のお風呂場暗室における私の暗室機材。コンタクトプリント(ベタ焼き)が一段落したときに 撮影しました。写っている機材の殆どが、オークションで買ったり、中古カメラ店で購入したものばかりです。この写真の中ではセーフライトが引伸機の後ろにありますが、最初このあたりの位置で使っていた時、どうも手元が暗いなぁという気がしていたのですが、この画面の上に物干しの竿があるので、そこにセーフライトの脚を通して、逆さに吊るすようにしてみたら、これが結構いい感じで、お風呂場全体が照らされるようになって作業がしやすくなりました。
  オークションなどで機材を揃えるときに一番気を使ったのは、浴槽の上の天板でした。これがしっかりしていないと引伸機がブレたりして、引伸作業がやり難いと思い、頑丈でソリがないものを選ぼうと思った次第。オークションサイトを色々検索していたら、木の角材や板を専門に扱うお店を発見。購入した板は、本来はテーブルの天板用として加工された天然木の圧縮材で厚さは3cm。浴槽の上にのせて水準器で水平を確認してみたところ非常に安定していることが確認できました。まともに購入したら数万円する商品のようでしたが、裏にねじを入れた跡があるため格安の4000円で購入。暗室作業用として使うだけなのでこれで十分と判断しました。

  このお風呂場暗室、もちろん常にこの状態になっているわけではないです。作業をするとき以外、機材は全部物置や部屋の端に仕舞い込んで、カミさんの逆鱗に触れないよう注意しております(笑)。


にほんブログ村 写真ブログ 暗室・現像へにほんブログ村<--この記事を気に入って下さった方、応援クリック是非お願いします。

 


JUGEMテーマ:写真撮影機材



ブログ内検索



Forms of JAPAN
Michael Kenna



フィルム写真の教科書



categories





増補改訂 新版
山陰旅行
クラフト+食めぐり
[ 江澤 香織 ]



西日本のうつわを
めぐる、手仕事旅行



中判カメラの教科書


魅惑の
ハッセルブラッド図鑑
【電子書籍】



ライカの魔法
[ 森谷修 ]



赤城写真機診療所
[ 赤城耕一 ]

profile




links



archives

TBP



selected entries

recent comment

  • 帰ってきたGR1V
    SK
  • 長尺フィルムの巻き込み作業初体験
    ミノチャゲ
  • 長尺フィルムの巻き込み作業初体験
    中野真樹
  • アーカイバルプリントウォッシャーをモバイル化
    ミノチャゲ
  • アーカイバルプリントウォッシャーをモバイル化
    西山
  • オオサカ・フィルムフォトウォーク
    ミノチャゲ
  • オオサカ・フィルムフォトウォーク
    西山
  • マツバラ光機
    ミノチャゲ
  • マツバラ光機
    西山
  • Acruさんで、Hasselblad503CXに合わせるストラップ購入
    ミノチャゲ

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM