自宅暗室の遮光性確保

 前回の投稿で、初めて自宅でフィルム現像を行った様子をお伝えしましたが、フィルム現像は、暗室がなくてもダークバックがあれば十分できます。私の場合、いずれにしても引き伸ばし作業で暗室が必要なので、よりゆったりとしたスペースで作業が出来るる自宅暗室でフィルム現像のためのタンクリールへの巻きこみを実施しました。問題だったのは、いかにして効率的に自宅で暗室の遮光性を確保できかという点にありました。最終的には、以下の写真のようにしました。


遮光性の確保


 暗室はユニットバスを利用。我が家のユニットバスの場合、ドアの全面がすりガラスになっているのでこの部分を段ボールの板で覆って板の周囲を黒いテープで固定しました。このテープは、パーマセルテープです。通常のビニールテープなどと違って適度に粘着性があって、簡単に剥がすことができて、剥がした跡が残らないです。しかもパーマセルテープそのものに遮光性があるので、段ボールの板とドアの枠との間から洩れる光をカットするのにとても便利。面倒なので、このまま段ボールの板を貼ったままにしておきたいところですが、見栄えが悪いということでカミさんから現像作業終了後には毎回かならずこの板をはずすように言われてしまったので、なおさらのことパーマセルテープは非常に使い勝手がよいです。

  夕方以降は、手前の廊下に夕日が多少さしても、画面手前の引き戸を閉めて、ユニットバスの段ボール板があれば、完全に遮光できます。しかし、ユニットバスの入り口の前には、洗濯機や洗面台があるので、昼間は写真にあるように、ユニットバスの手前のスペースで点灯した状態でカミさんが洗濯するケースもあります。よって、昼間に暗室作業を行う場合は、ユニットバスの入り口の扉だけで遮光性を確保する必要があり、段ボールの板だけでは遮光性は不十分。扉の下の方についている換気口から光が入るからです。この場合の遮光性を確保する手段として、段ボールの板をパーマセルでとめた上に、さらに暗室カーテンをかぶせています。さて、問題はカーテンレールがないユニットバスの入り口にどうやって暗室カーテンをつけるかということになるわけですが、解決策としてカーテンレールの代わりに、マジックテープを使うことにしました。写真にある通り、入り口の上にマジックテープを貼り、暗室カーテンの上の端にもマジックテープを貼って、暗室作業を行うときだけ暗室カーテンを取り付けるようにしました。ユニットバスの入り口の上に貼ったマジックテープは、まず下地としてパーマセルテープを貼ってその上にマジックテープを瞬間接着剤で固定しました。こうすれば、マジックテープを入り口の上に直に貼るわけではないのでいつでも剥がすことができます。

  最後は、延長コードです。幸いにして我が家のユニットバスの入り口の周囲は軟らかいゴム状のシーリング材が覆っているので、延長コードを引きこんだ上から扉をしめることができ、ゴムシールのおかげで延長コードを引きこんだ部分から光が洩れてしまうことはないです。暗室の中では、暗室タイマーや暗室ランプなど電源が必要な機材があるので延長コードの使用は必須。これでなんとか引き延ばし作業を開始できそうです。


 
にほんブログ村 写真ブログ 暗室・現像へにほんブログ村<--暗室作業勉強中です。応援クリック是非お願いします。



JUGEMテーマ:銀塩モノクロ


自宅でフィルム現像に初挑戦

  自家現像に必要な用具が、かなり揃ってきました。とりあえず、フィルム現像に必要な用具が揃ったので、フィルム現像
 用の各種薬品をヨドカメアキバ館で購入して、一昨日自宅でのモノクロフィルム現像に初挑戦。まずは、タンクリールを一
 個だけ入れるタイプの一番小さいサイズの現像タンクで挑戦。初めてだったので一つ一つの作業がぎこちなく、本当に現像
 出来ているのだろうかと、不安に思いながら、水洗後にフィルムクリップで端を挟んで伸ばしたら、一応撮影したネガの像が
 浮かんでいました。あとは、引伸機で印画紙にプリントする作業になりますが、この作業は再来週以降になると思います。

初のフィルム現像


 とりあえず一安心。今回現像したフィルムには我が家の猫君たちと、カミさんとの共通の趣味で収集している中国茶用の茶器
 が写っています。来週は、都内や近所で撮影したフィルムを2本をまとめて現像できる大きさの現像タンクを使って、現像し
 てみます。


にほんブログ村 写真ブログ 暗室・現像へにほんブログ村<--暗室作業勉強中です。応援クリック是非お願いします。


JUGEMテーマ:銀塩モノクロ


自家現像宣言(暗室作ります!)

 前回の投稿でもお伝えした通り、今カメラ業界はデジタルの最先端技術の開発にしのぎを削り合っているように思います。私は、その時代の流れに完全に逆行するようなことを、この1年間くらいずっと考えておりました。自家現像です。
 カラープリントは、今現在のデジタル機材でかなり楽しむことが出来ています。しかし、モノクロのプリントについては、現在使っているEOS40DとPIXUS Pro9000(染料インク)の組み合わせでは、素人の私が生意気言うのもなんですが、いまひとつ作品に納得がいっていません。

 今年の1月にEOS7sを中古で購入してからは、フィルムの画像を元々家にあったEPSONのスキャナーでとって、Pro9000でプリントするという工程でも楽しむようになりました。この工程でも、一段進歩したように思い特に階調表現はEOS40D+Pro9000よりも大幅に改善されたように思っています。しかし、そうなるとモノクロフィルムから印画紙に焼く条件を色々と変えてみたら、どんな仕上がりになるのだろうかという興味がより一層湧いてきて、暗室を自宅につくることを改めて決意。特にこの半年間は、本屋やカメラ店で手に入る暗室に関する書籍を読みまくっていました。そして、ついに引伸機の中古品を先日購入し、昨日自宅に引伸機が到着。モノクロ初心者には、集散光式の引伸機がよいと言われていたので、それに相当する機種の新品や中古を色々と調べてみました。新品での購入も検討しましたが、最終的に購入したのはFUJI B690という機種。

B690



 かなり以前に製造中止になった機種ですが、入門機としては十分すぎる性能と理解。写真にもある通り、超古い機種にも関わらず、ちゃんと発売当時の梱包のまま送られてきました。実際中身をあけてみると、支柱には錆が全くなく写真には写っていませんが、台座に支柱と引伸機本体を取り付けてみたところ、全くガタつきもなく、機能上問題はないです。

B690



 そして何よりも嬉しかったのが、引伸用レンズも全く新品同様で使った形跡がほとんどありませんでした。中古品の場
 合、引伸用レンズが付属していなかったり、付いていても、汚れがひどかったり曇りがあったりと、状態がよくないケースが多いようです。

FUJINON Lens


 幸いにして非常に綺麗な状態であったのは、おそらくこの引伸機を使っていた元のオーナーは、35mmフィルムでは なく、6X6や6X7、6X9のように、もっと大きなサイズのフィルムを中心に引き伸ばし作業をしていたのではないかと思います。そうでなければ、35mmフィルムの引き伸ばしに使う50mmレンズが、使った形跡なしということはないでしょう。ネガキャリヤや引伸用レンズも、大きいフィルムサイズ用のものが全く付属されていませんでしたから。
 あるいは、そういった備品だけ別枠で中古として売られたのかも...。いずれにしても、私の場合は35mmフィルム用の備品が揃っていれば、全く問題なし。35mmフィルム引伸用の備品がついて、引伸用レンズも新品同様のものが付いていて、全部で1万円強で手に入りました。一番値段が安い集散光式の入門機の新品でも、この値段では手に入らないです。

 引伸機とレンズは、初心者用としては十分すぎるものがかなり安く手に入ったと思っていますが、残念ながら欠点がひとつ。取扱説明書がないです。しかし、この機種は非常にシンプルな作りなので、実際に組み立てて、コンデンサーレンズの取り付け方や電球の交換方法、多階調印画紙を使用する際のフィルターポケットの扱いなどもすぐに理解できました。それでも、実際に使ってみたら、操作方法に疑問点が生じることもあるかも.....とも考えたのですが、幸いな
 ことに、FUJI B690が現役で稼働しているレンタル暗室がありました。東京は半蔵門にあるJCIIフォトサロンです。いざとなったら、ここのラボを一回使用して、使い方を教えてもらおうかと。


 自宅暗室を準備するにあたり、気になることが一つありました。写真廃液の処理です。「暗室百科」という本に現像に使う各種配合処方が出ているのですが、化学構造を見ると、そのまま捨てると、あまり環境によろしくないのではないかという薬品も...。幸いにして私が住んでいる船橋には、誠和工業蠅箸い写真廃液の処理を行っている業者さんがあることが分かった。個人宅から出る写真廃液にまで対応してくれるのだろうかと疑問に思いながらも、ダメモトでメールを送ると、引き取ってくれるとの返事。現像廃液(廃アルカリ)と定着廃液(廃酸)を分けて保管し、20Lポリタンク2本を最小ロットとして対応してくれる。もちろん引き取りは無料ではない。20Lあたり1600円かかる。これを高いとみるか安いとみるかは、意見が分かれるところかもしれないが、個人宅にまでわざわざ引き取りにきてもらえるのであれば、私は安いと思う。

 
 実際に、自家現像ができるようになるのには、まだ時間がかかりそうだ。揃えなければならない機材がまだかなりある。
 それらをすこしづつ買い揃えていく必要がある。まぁ、揃えていく作業そのものも楽しいことではあります。


にほんブログ村 写真ブログ 暗室・現像へにほんブログ村<−−この記事を気に入って下さった方、応援クリック是非お願いします。


JUGEMテーマ:フィルムカメラ


ブログ内検索



Forms of JAPAN
Michael Kenna



フィルム写真の教科書



categories





増補改訂 新版
山陰旅行
クラフト+食めぐり
[ 江澤 香織 ]



西日本のうつわを
めぐる、手仕事旅行



中判カメラの教科書


魅惑の
ハッセルブラッド図鑑
【電子書籍】



ライカの魔法
[ 森谷修 ]



赤城写真機診療所
[ 赤城耕一 ]

profile




links



archives

TBP



selected entries

recent comment

  • 帰ってきたGR1V
    SK
  • 長尺フィルムの巻き込み作業初体験
    ミノチャゲ
  • 長尺フィルムの巻き込み作業初体験
    中野真樹
  • アーカイバルプリントウォッシャーをモバイル化
    ミノチャゲ
  • アーカイバルプリントウォッシャーをモバイル化
    西山
  • オオサカ・フィルムフォトウォーク
    ミノチャゲ
  • オオサカ・フィルムフォトウォーク
    西山
  • マツバラ光機
    ミノチャゲ
  • マツバラ光機
    西山
  • Acruさんで、Hasselblad503CXに合わせるストラップ購入
    ミノチャゲ

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM